ウェディングレストランのオーナーから聞いた!!コストをかけずに採用をして、継続的な雇用を生みだし続ける2つの仕掛け(前編)

ウェディングレストランのオーナーから聞いた!!コストをかけず、継続的な雇用を生みだし続ける2つの仕掛け(前編)

今回、お話を伺ったのは、大阪市内でウェディングレストランを営むオーナーさん。

100席以上ある店舗で、結婚式の二次会やパーティーの予約がメイン。スタッフは10数名いるのですが、学生アルバイトが大半を占めます。

驚きの事実としては、今までにスタッフを採用するために広告を出したことは、ほとんどなく、数えるほどだと言うのです。

基本的にスタッフは大学や専門学校を卒業するまで、アルバイトを継続します。辞めたとしも、新たなスタッフの採用には困りません。なぜなら、採用に困らない仕組みが作られているためです。

オーナー曰く、2つのポイントが成功しています。前編では、学生アルバイトが辞めない仕掛けを紹介します。

スタッフが辞めたくない職場

スタッフを思いきり楽しませる!

スタッフが継続して働ける環境づくりのコツは、とにかく「楽しんでもらう」こと。至ってシンプルですが、 最重要だとオーナーは言います。

ウェディングレストランは、お客様特別な時間となります。そこで、最高の思い出となる時間を演出するためにも、スタッフが楽しくしていなければならない。

例えば、楽しく働けるように、こんな仕掛けをしています。

■お客様と一緒に、ビンゴゲームやイベントにスタッフも参加させて、一緒に盛り上がる。

■月に1度、レトロゲーム大会を開催。さらにお酒や食事も好きなだけ飲食してOK(旅行やBBQは手間がかかり気も使うし、参加しないスタッフもいる)。

■怒らない・指摘しない(叱られて、落ち込んでも接客に影響する。楽しくなさそうなスタッフに祝われたいお客様はいない。その代わり、スタッフ同士の関係が良いので、ミスはフォローしあっている)。

この結果、スタッフはモチベーション高く働き、かつ学校を卒業する際に辞めたくないと語るようです。

学生アルバイトを採用しても、すぐ辞められてしまって、継続的な雇用が難しい昨今。スタッフに定着して活躍してもらうために、どんな楽しい仕掛けが出来るか、参考にしていただければ幸いです。

PAGE TOP