創作料理店オーナーから聞いた!!お客さん同士が、どんどん仲良くなっていく!?お店づくりの意外な方法

創作料理店オーナーから聞いた!!お客さん同士が、どんどん仲良くなっていく!?お店づくりの意外な方法

飲食店で食事をする楽しみの1つは、お客さん同士での交流。

といっても、新規のお客さんには緊張や遠慮があります。常連さん同士でも、なにかきっかけがないと、打ち解けるのは簡単ではありません。

今回は、お客さん同士でのコミュニケーション活性化の成功法を、実例とともに紹介します。

テーブルが、お客さん同士が仲良くさせる!?

お話を伺ったのは、大阪市中央区で、割烹をベースにした創作料理店を営むオーナー店長です。町家を改装した、洒落た店構えがこだわり。

店長、曰く。「うちのお客さんは、はじめてのご来店でも、常連さんでも、すぐに打ち解けられるように、ある仕掛けをしています」。

それは、テーブルです。

テーブル!?

実は、お店にはテーブルが1つしかありません。奥間には予約制の個室もあるのですが、宴会以外の通常営業では、あまり利用されません。

手掘りの木製であしらわれた、巨大な円形テーブルが、お店の中央に置かれています。15名前後の大人で囲めるくらいの大きさで、向かい合っている席は80㎝間隔で離れています。両端はお誕生日席で、1名ずつ着座可能。

オーナー店長が目指すのは、「大家族で食事をするような空間、“最後の晩餐”みたいな光景と言えばイメージしやすいかも(笑)」

来店したお客さんは、テーブル席に案内されます。空いている時には、等間隔に座れます。しかし、ピーク時である20時~22時にかけては、70~80%以上は席が埋まり、お客さんで賑わいます。

ピーク時とオフピーク時の対応方法

オフピーク時でも満席時でも、お客さん同士での交流は生まれるのですが、お店が仕掛ける対応方法は異なります。

例えば、

ピーク時とオフピーク時の対応方法

<オフピーク時>
■常連さんが来店の場合は、お客さん同士を店長が紹介しあう。
■新規さんが来店の場合は、料理・食材の説明をする。ほかのお客さんも耳を傾けてくれる。珍しい食材・旬の食材(「へしこ」や「島らっきょう」など)を使っているので、質問やレスポンスが生まれやすい。お客さん同士が、自然に会話をし始める。

<ピーク時>
■新規さんが来店の場合は、「混んでいてすいません」「変わったお店でしょ」と店長から話せば、常連さんも合いの手を入れてくれて、会話が始まる。
■常連さんが来店の場合は、ほとんど店長からは話しかけない。信頼しているので、任せている。

といった方法で、大家族で食事をしているような光景が、毎晩のように繰り広げられるようです。

イベントや企画を開催して、お客さん同士の交流を図る方法もありますが、お店づくりの演出で日常的なコミュニケーションの活性化に成功した事例を紹介しました。お店の自慢は料理だけじゃなく、お客さんも!!という店舗づくりを検討される際に、参考にして頂ければ幸いです。

PAGE TOP