なぜ人気飲食店は、目に見えないこだわりをYoutubeで魅せるのか

なぜ人気飲食店は、目に見えないこだわりをYouTubeで魅せるのか

近年、飲食業界においてもYouTubeの活用が注目されています。
話題のお店では、実際に動画を配信する事例も少なくありません。

今回は、お店のこだわりやコンセプトを動画でPRする方法について、
実例とともに検証していきます。

飲食店でYouTubeを活用する3つのメリット

YouTubeを飲食店が活用するメリットは、3つ挙げられます。

①文章・画像だけでは伝わらない情報を配信できる(雰囲気や臨場感、舞台裏など)。
→例えば店内の風景や準備・仕込みの様子、スタッフの人柄・考え方を伝えられる。

②検索エンジンで通常の検索ではTOP表示されない場合でも、動画検索で上位表示される。
→例えば「梅田 居酒屋」という人気キーワードであって、動画であれば競合が少ないため上位に表示されやすくなる。実際に検索結果の違いをご覧ください。

<「梅田 居酒屋」で通常の検索をした場合>
「梅田 居酒屋」で通常の検索をした場合

<「梅田 居酒屋」で動画検索をした場合>
「梅田 居酒屋」で動画検索をした場合

③お客様や取引先とのコミュニケーションにも使える。
→「YouTubeで動画を公開しているので、よければ見てください」と、お客様とのコミュニケーションに活用できる。

飲食店でYouTubeを活用する3つのメリット

YouTube動画活用法~『おどりや』を事例に~

お店のこだわりを伝えるために、YouTube動画を活用している飲食店を紹介します。

海鮮料理を強みにしている『おどりや』(http://www.odoriya.jp/)グループです。
香里園をはじめ京橋、西中島など大阪府内で10店舗、展開をしていています。

新鮮な天然物や、季節ごとの旬な魚介類をリーズナブルに提供しており、
口コミサイトでは高評価を獲得している居酒屋です。

人気の秘訣は「仕入れ」にあります。
通常、居酒屋では卸業者から仕入れる方法が一般的です。

しかし『おどりや』では、統括料理長の橋本尚史氏が中央市場に足を運んで、
魚介類を直接買い付けています。

その様子がYouTubeで公開されています。

海鮮居酒屋おどりや 「旨さへの驚きは、こうして生まれる」

自分で納得して自信を持って仕入れた食材で、その日ごとのメニューが決められています。
徹底したこだわりをお客様に理解してもらうことは、簡単ではありません。

動画を活用することで、通常の営業風景では見えない魅力を伝えることに成功しています。また橋本氏が食材や料理、お客様に対する想いを語ることで、説得力がさらに上がっています。

この動画を視聴したユーザーにとっては、『おどりや』へ来店するきっかけとなるだけではなく、ファンとして根強い支持をする要因になります。

動画で、通常の営業風景では、見えない魅力が伝わります。

さいごに

飲食店のこだわりをYouTubeでPRするメリットと活用術を紹介しました。

Web広告やSNSにはない利点がYouTubeにはあります。

これをきっかけにお店の伝えきれていない魅力を、動画で配信してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP