なぜあの人気飲食店オーナーは、業界事情に詳しいのか(後編)

なぜあの人気飲食店オーナーは、業界事情に詳しいのか(後編)

前半では、取引先の営業担当者から情報を収集する重要性について紹介しました。

さらに情報を入手するには、あるコツがいると明かす店長。後半では、より具体的に見ていきましょう。

「雑談力です。営業さんと60分話したとします。本題が30分。残りは雑談に使っていますね。
欲しい商材は決まってますし、より良いものがあれば営業さんが提案してくれます。だから信頼できる人しかきてもらってません。
当店が何を求めているのか、解決したいのかをよく理解してくれている人です。あとお喋り好きな人ですね」

商談が終わってからが本番みたいなものだと笑みを浮かべる店長。

欲しい情報を聞き出す秘訣についても迫ってみました。
それは「もしも~シリーズ」と「共通点トーク」だそうです。

「もしも~シリーズ」と「共通点トーク」

例えば、「もし女性をデートに連れていくとしたら、今おススメしたいお店3つどこですか?その3店の共通点はありますか?」「もし繁盛店に共通しているコスト削減の方法が1つあるとすれば何ですか?」など。

このおかげで新メニュー開発やコスト削減、集客アップや正社員の定着化のヒントなど、情報収集の効果があったと振り返ります。

以下のような事例をあげていただきました。

①グルメ情報サイトの担当者の場合
【内容】大阪市内の繁華街で予約を埋め続けている店が、なぜ成功しているのか教えてもらえた。
ポイントの1つだけあげると、検索キーワード。競合店に打ち勝つキーワードを考えるヒントになった。

【結果】自店の検索ワードを変更。今までは料理や駅名で検索されやすいようにしていたが、近隣で有名な建物やスポットも取り入れた。
観光・買い物の帰りに食事をしてもらえるようアピールできるようになった。

②人材サービス会社の担当者の場合
【内容】長期的な雇用に成功している飲食店のノウハウを教えてもらえた。
スマートフォンやアプリを用いて、業務の効率化や無駄な残業を削減していたことがヒントになった。

【結果】すぐ辞めるスタッフが続出していたが、売上をスマートフォンで報告して、閉店30分以内には全員帰れる環境づくりを徹底した。
おかげで正社員の定着率が上昇。次はアルバイトの育成についてレベルアップしていきたい。

③グルメ業界に強いIT会社の担当者の場合
【内容】ほかの店舗でヒットした商品開花方法の秘訣を教えてもらえた。
新商品を生む出みだすきっかけになった。

【結果】見た目を重視した商品を生み出せるようになった。いわゆるインスタ映えする料理。
お客さんが撮りたくなるシズル感・ボリューム感・盛り付けをした。

さいごに

事例

今回、紹介したのは商談の際に情報収集を効率的に行う方法です。

いつもお店に足を運ぶ各企業の営業担当者。
商談で終わるだけではなく雑談をして、業界の情報収集をされてみてはいかがでしょうか。

今回の事例から、知りたかったことを効率的に手に入れられる機会だと言えます。

PAGE TOP