口コミサイト高評価への道~Vol2.メニュー開発編~

口コミサイト高評価への道~Vol2.メニュー開発編~

前回より「口コミサイト高評価への道」というタイトルで、口コミ系のグルメサイトで高評価を獲得する方法をシリーズでお届けしています。

第一弾では、口コミサイトにおける点数の重要性について、食べログ3.5以上を獲得することを事例に紹介しました。

第二弾からは実践的な内容にふれていきます。
テーマは、お店の売りとなるメニューを創出する方法についてです。

評価を獲得するための必要条件は、レベルの高い料理を提供することです。
成功している店舗へのインタビューをもとに、実例とともに見ていきましょう。

食べログ3.5以上の和食店がテーマにする料理とは

食べログ高得点のお店の工夫

今回、実際に高評価を獲得している飲食店様に訪問をして、取材をさせていただきました。

お店独自の取り組みや、人気店にみられる共通点を検証していきます。

今回、取材をさせていただいたお店は創作居酒屋です。
大阪市内でも有数のタワーマンションやデザイナーズマンションが集まるエリア。ビジネス街としても栄えています。

和食をベースにしたメニューで、顧客単価は5,000円。
周辺の店舗は3,000円~4,000円台で、やや高額な設定です。

それにも関わらず、食べログでは3.5以上を獲得。
連日、予約客で賑わいを見せています。

人気の理由の1つとして、特徴的な料理が挙げられます。

女性に喜ばれるような身体に優しい料理がテーマ。
海鮮と野菜をメインにした食材を用いて、充実したメニューを展開しています。

強みを絞って、組み合わせるという発想

ありそうと言えばありそうなテーマ。

しかしながら経営者様の話を聞いていると、1つの共通点があることに気づきました。メニュー開発のやり方に、ある法則が見られることです。

それは得意分野の選択と集中。

もっと言えば、お店が強みとする

<食材>×<調理方法>×<ジャンル>

を巧みに組み合わせることで、インパクトの強いメニュー創出に成功しているのです。

1つずつ例を紹介します。

お店の強みや特徴を組み合わせてインパクトのあるメニューへ

<食材>

食材は本マグロを近海より一頭買いしています。お店でさばいているので、本マグロを余すところなくお客様に提供できます。造りの盛り合わせは、圧倒される豪華さです。また、トロや赤身といった部分だけを仕入れても、印象は薄いしコストが高くなります。

さらに野菜やお肉は奈良県産に限定。日本らしさや大和ブランドをアピールできるし、高い品質の食材が多く揃っています。

<調理方法>

もっとも好評なのは、炭火焼き。理由は、オープンキッチンでお客様の目の前で食材を焼き上げるためです。一流の料理人が調理をする光景には芸術的な美しさがあります。巧みな手さばきを、目で味わう環境づくりをしています。

また盛りつけもこだわりがあります。サラダは、畑から野菜が生えているようなダイナミックで彩り豊かな飾りつけ。一皿ごとに、お客様の驚きと感動を呼びます。

<ジャンル>

和食をベースにしながらも、イタリアンやフレンチ出身のシェフによって上手く各ジャンルを取り入れています。例えば、アクアパッツァやアーリオオーリオなどを提供。ポイントは日本酒や味噌など、日本の調味料でイタリアンやフレンチを仕上げます。

上記3つのポイントを、仕入れ状況や季節ごと、お客様の声に合わせて組み換えていることがわかりました。おかげで、新商品やヒットメニューの創作には困らないと、経営者様は言います。

まとめ

お店の強み・特徴でもある食材と調理方法、そしてジャンル。自店でも強みとなるポイントを抽出して、選択と集中によってインパクトのあるメニューを考えてはいかがでしょうか。

高い評価につながる商品開発のヒントにしていただければ幸いです。次回も、実例とともに成功法則を紹介していきます。

PAGE TOP