『800~1,100円では、ランチ商戦を勝ち抜けない!?家計の事情にあったランチで、夫と妻の心をつかむ』③【タイトル】

『800~1,100円では、ランチ商戦を勝ち抜けない!?家計の事情にあったランチで、夫と妻の心をつかむ』③

今回のテーマは、一般家庭のお財布事情に入り込んで、その実態にもとづいたランチ商戦の勝ち方を探っていきます。

初回のコラムでは、夫婦間におけるランチの予算感を紹介。
夫が700円台、妻が1,200円台で1.6倍の格差を確認することができました。

前回明らかにしていったのは、家庭における節約意識がランチの予算感に影響していることこです。出費を抑えたいという想いからランチ代を抑えるだけではなく外食を控えたり、お弁当を持参したりする消費者も少なくありません。

そこで筆者が提案したのは、窮屈な思いをしながらランチ代を削ることにエネルギーを注ぐのではなく、しっかりと楽しみながらお得感やプラスの効果を味わえるランチです。

今回のコラムで、取り上げたいのは筆者の考えに近似した形でランチ営業をしている事例です。夫と妻、それぞれの視点から見た予算感、そしてニーズに合ったケースを見ていきましょう。

2つの事例より

『800~1100円では、ランチ商戦を勝ち抜けない!?家計の事情にあったランチで、夫と妻の心をつかむ』③
<1>『北海道らーめん奥原流
■ターゲット・予算:夫・700円台
■目的:メンバーズカードでお得感を演出。
■詳細:北海道に拠点を置きながら、沖縄で多店舗展開するラーメン屋。人気は「白味噌ラーメン」。ラーメン単品では700円台、選べるセット価格は1,030円。メンバーズカードの仕組みが興味深い。

サービス内容としては以下の通り。

・トッピング1品(チャーシューは1枚)、麺の大盛り、又は小ライスいずれかを1品サービス。
・通常150円のドリンクをカード提示で終日一杯50円で提供。
・会計100円につき1ポイント付与(10ポイント(1ポイントは1円)単位から利用可能)。
・毎月8日・18日・28日はポイント10倍デー。さらに各店舗ごとに、毎週特定の曜日にポイントが5倍になる。

■補足:ポイントカードの活用には、心理学の「目標公配効果」が有効であると言われています。これは目標に近づけば近づくほど、人はモチベーションが上がるという理論です。

実際のコーヒーショップで、1杯ごとに1つスタンプが押さえる有名な実験を見ておきましょう。

・10杯のコーヒーを飲めば、1杯無料になる。
・12杯のコーヒーを飲めば、1杯無料になる。しかしスタンプは最初から2つ押されている。

コーヒーを購入する頻度が多くなったのは後者です。

『北海道らーめん奥原流』のように曜日によってポイントが倍になるサービスは、お得感を獲得することはもちろん、顧客のモチベーションを上げることが出来るのです。

『800~1100円では、ランチ商戦を勝ち抜けない!?家計の事情にあったランチで、夫と妻の心をつかむ』③
<2>『リセラ リナーシェ
■ターゲット・予算:妻・1,200円台
■目的:美容・健康・ダイエットなど、プラスアルファのメリットでお得感を演出。
■詳細:大阪・福島の堂島クロスウォーク内にあるイタリアンレストラン。

公式サイトにある紹介文を見てみましょう。

「お店のコンセプトは 「美と健康」をテーマにしたレストランを展開したいと考えました

食べることによって体の中から綺麗になることをテーマにした、他にないようなお料理をお店で提供できたらと思っております。
お客様に関しては一番には満足という所と、美味しいという所が大切だと思いますのでスタッフ一同お客様に満足していただいて
「美味しかった」という言葉、プラス「ありがとう」という言葉を沢山いただけるような お店を目指していこうと思っています」⁽¹⁾
実際にはサラダランチやスープランチ、スプラウトサンドウィッチ、放牧牛ランチ、ミートランチ・フィッシュランチといったバリエーション豊富なランチを提供しています。

一例を挙げると以下のメニュー、そして詳細説明があります。

「夏野菜カポナータと温玉のリコピンサラダ」(1,280円)
「身体のサビを修復してくれる【リコピン】たっぷりのサラダに仕立てました!とろっとろの半熟卵と混ぜながらお召し上がりください♪」

「ソイ クラムチャウダー」(1,180円)
「鉄分豊富なアサリと、イソフラボンたっぷりの有機無調整豆乳で女性に嬉しい
スープを作りました!うまみたっぷりですので、勿論!男性の方にも美味しく召し上がっていただけます。」

■補足:どのランチを食べれば、どんな栄養素がとれて、身体にどう効くのか。詳しく説明がされています。本来、健康維持やスキンケアにかかるコスト・時間がランチをとることでカットできる可能性があります。トータルの生活費という面で、かつ中長期的な視点で、節約を意識した生活ができるようになります。

さいごに

ランチに思ったほど集客に成功できていない場合は、もしかするとお得感や付加価値の演出が出来ていない可能性が考えられます。

今回の記事を参考にして、辛い節約をするのではなく楽しみながら通い続けてもらえるランチをどういやって提供できるのか、1つの参考になれば幸いです。

【参考文献】
⁽¹⁾レストランについて|リセラ リナーシェ
http://food-recella.com/rinasce/about/

PAGE TOP