『出店するチャンスはここに。新築マンションを狙って、居住者の層にあわせた飲食店をオープンする思考術①』

(シリーズ第3弾)『出店するチャンスはここに。新築マンションを狙って、居住者の層にあわせた飲食店をオープンする思考術①』

今回は、マンション居住者の特性に合わせた飲食店の展開についてシリーズで探っていきます。

『出店するチャンスはここに。』というシリーズで、今まで再開発エリアやマンション低層階でどのような飲食店にチャンスがあるのかを考察してきました。

コラムをお届けする中で、どういう住居者の層にどんな飲食店が適しているのか、より具体的に分析をしたいと考えるようになりました。

とくに、これから可能性が見いだせる新築マンションにフォーカスをしてきましょう。

これから建設・販売予定をしているマンション

『出店するチャンスはここに。新築マンションを狙って、居住者の層にあわせた飲食店をオープンする思考術①』【①】

現在、関西圏で建設・販売予定中のマンションは、どれだけあるでしょうか。
とくに大規模な案件を、一部紹介してきます。

ローレルスクエア健都ザ・レジデンス(大阪府摂津市・824戸)

シティテラス神崎川駅前(大阪市淀川区・745戸)

リバーガーデン福島 木漏れ日の丘(大阪市福島区・850戸)

ザ・船場タワープロジェクト(大阪市中央区・296戸)

アトラスタワー草津(滋賀県草津市・265戸)

プラウドシティ塚口 マークスカイ(兵庫県尼崎市・366戸)

関西圏だけを見ても、現在建設予定・販売予定中の物件は、ほかにも多数あります。
すなわち、 この動向を狙って飲食店も出店をするチャンスは沢山あるということです。

どうすれば建設予定の物件情報を手に入れることができるのか

『出店するチャンスはここに。新築マンションを狙って、居住者の層にあわせた飲食店をオープンする思考術①』【②】

ちなみに、このような物件を調べる方法は決して難しくはありません。

不動産会社に相談をしたり、町中を歩いたりして探すという手もあります。
しかし、より簡単に調べられるツールをあげておきましょう。

「建設ニュース」
株式会社建設ニュースが運営している不動産・建設の総合メディア。最新の不動産売買、建築解体情報が充実。建築工事情報の取材記事も配信されています。

「日刊建設工業新聞」
建設専門新聞の全国紙を販売する株式会社日刊建設工業新聞社の公式サイト。85年以上の歴史の中で培ったノウハウにとって、建設産業界の情報を発信しています。

「建通新聞」
建設ニュース、入札情報を専門とした媒体。株式会社建通新聞社が運営するサイト。公共事業や公募、民間事業、行政・建設経済ニュースなど、様々な分野のニュースがアップデートされています。

「SUMO」
住宅・不動産購入をサポートする情報サイトで、「これから販売される新築マンション特集」という専用ページがあります。各都道府県で販売が予定されている物件が豊富に掲載されています。

ほかにも各都道府県の公的サイトや、都市開発・建設会社の企業サイトにアクセスするのも1つでしょう。

さいごに

このようなサイト使いながら、興味のある物件を探してみてください。
とくに大規模な都市開発やマンションの建設案件は、飲食店出店のチャンスです。

そこで次回からは、マンション購入者の層をどのように分析すればいいのか、どんな飲食店が適しているのかを解説します。

PAGE TOP