『Levi's(リーバイス)』の「Silver-Tab-(シルバータブ)」から学ぶ飲食店経営術。かつてのヒット商品をリバイバルさせる3つの方法③【タイトル】

『Levi's(リーバイス)』の「Silver Tab (シルバータブ)」から学ぶ飲食店経営術。かつてのヒット商品をリバイバルさせる3つの方法』<3>

今回は、ファッション業界で起きているリバイバル現象をヒントにして、飲食店でも活かせる方法がないかを探っていきます。

20年でサイクルすると言われる、お洒落のトレンド。2018年から遡ること20年。
第一回目は、1990年代後半に起きたトレンドの再ブーム現象を見てきました。

取り上げたのは、かつて旋風を巻き起こしたワイドデニム『Levi’s(リーバイス)』の「Silver Tab(シルバータブ)」。

リバイバル現象は懐かしさもありながら、現代に合った感覚で受容されていることに注目をしました。

そして第二回目となる前回で解説をしたのは、懐かしいという感情を利用して行う「ノスタルジーマーケティング」

とくに重要視したのは、 財布の紐を緩めやすくなるという効果です。

過去を想起することで気分を良くしてくれるだけでなく、他者との社会的なつながりをより強く感じていることがわかってきました。

今回は、飲食店でも90年代にヒットした食べ物を事例にして、どうやって現代に復活させるのかリバイバルへの道を探っていきます。

【リバイバルヒットを生み出す3つの方法】

『Levi's(リーバイス)』の「Silver-Tab-(シルバータブ)」から学ぶ飲食店経営術。かつてのヒット商品をリバイバルさせる3つの方法③【①】

時代ごとの流行を分類したサイト「年代流行」から、当時ヒットしたものを見てみましょう。

・1990年 ティラミス
・1991年 カルピス・ウォーター
・1992年 マグヌードル
・1992年 日清ラ王
・1993年 ナタ・デ・ココ
・1993年 エネルゲン
・1994年 ウイダーinゼリー
・1994年 トッポ
・1994年 きりり
・1994年 パンナ・コッタ
・1996年 桃の天然水
・1996年 ミスティオ
・1997年 ベルギーワッフル
・1997年 キシリトールガム
・1990年代後半 タピオカティー
・1998年 なっちゃん
・1999年 チョコエッグ
・1999年 エッグタルト

なかには今でも人気のものもあります。
一方で、名前を耳にするだけでも懐かしくなってしまうものもあります。

では、かつてのヒット商品をどうやって現代社会に蘇らせることができるのでしょうか。

最近起きているのは、商品そのものをアレンジするのではなく、異なるジャンルのものと組み合わせて、今までにはない見せ方をする動きです。

3つの視点から具体的な解説していきます。

1・フォトジェニック・ムービージェニックを意識

いわゆる写真映え、インスタ映えを取り入れるという発想です。

大阪西区北堀江に2016年11月にオープンしたタルト専門店「MARUSANKAKUSHIKAKU」

店内には常時、約10種類のタルトが並べられています。
どれも色とりどりで、食べるのがもったいなくなるタルトばかり。

写真に映えるメニューがそろっているので、オープンして早々にSNSを賑わせています。

*フォトジェニックなタルト

いつもありがとうございます😊. . . 5月の休業日のお知らせです🙇‍♂️ . 1日(火)2日(水)16日(水) 上記3日間はcloseさせていただきます🙇‍♂️ . GW期間中ですが、混雑が予想されます🙇‍♂️ 当日分のタルトがなくなり次第、早めに閉店する場合もございます。 ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。 予めご了承ください。 . . 内容がお決まりのお客様はご予約をお勧めさせていただいております🙇‍♂️. . . ※お電話にてご予約の場合、当日ご来店いただいてから、お支払いいただくことになります。 レジが1台しかない為、列ができている際はお並びいただいております🙇‍♂️. . . . . 今年も北堀江本店ではこちらの母の日🌹タルトを予約限定で12.13日と販売いたします📢. . . 一番上から時計回りで…🕛. . ・りんごのタルト ・タルトオショコラ ・ベリーのクラフィティー ・ストロベリーミルク ・フレッシュフルーツのタルト ・キャラメルバナナのタルト ・ベイクドレアチーズタルト ・ブルーベリーレアチーズ. . . 以上8点入りです📢. . タルトのみ…¥3680-(税込3974円) タルト+アイシングクッキー…¥4180-(税込4514円). . . #marusankakushikaku #大阪 #北堀江 #大阪カフェ #堀江カフェ #タルト #タルト専門店 #tarte #テイクアウト #togo #てみやげ #手土産 #おもたせ #てみやげタルト #おもたせタルト #tartecroquee #まるさんかくしかく #マルサンカクシカク #インスタフード #Instafood #Instasweets

◯△◇さん(@maru_sankaku_shikaku_)がシェアした投稿 –

*ムービージェニックなタルト

. . merry Christmas🎅🎄🎁. . . 本日も店頭販売分のクリスマスタルトのご用意が出来ました🙇 . 数に限りはございますが、ご予約頂いてないお客様でもご購入頂けます📢 . . 本日はお電話頂きますと取り置きも行なっておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ😊. . 皆様にとって素敵なChristmasとなりますように🍾🎅🎄🎁🍗🎂. . . 明日26日火曜日は臨時休業とさせて頂きます。. 27.28.29日は通常通り11:00-19:00の営業時間でございます🕛 . 年内最終営業日は30日(土)11:00-17:00と短縮営業となりますので、お気をつけください。. . 年始🎍は1月2日より営業を行います📢. 2.3.4日の3日間は11:00-17:00の営業時間となります。. . 5日(金)が臨時休業となり、 6日から通常営業スタートとなります📢. . . #marusankakushikaku #大阪 #北堀江 #大阪カフェ #堀江カフェ #タルト #タルト専門店 #tarte #テイクアウト #togo #てみやげ #手土産 #おもたせ #てみやげタルト #おもたせタルト #tartecroquee #まるさんかくしかく #マルサンカクシカク #インスタフード #Instafood #Instasweets

◯△◇さん(@maru_sankaku_shikaku_)がシェアした投稿 –

しかもイートインスペースやタルト専用BOXも高いデザイン性があり、タルトだけではなくカメラに収める価値が十分にあります。

さらには顧客だけではなく、お店側も「#マルサンカクシカク」「 #インスタフード」「 #Instafood」「 #Instasweets」といった ハッシュタグを駆使して、積極的にPR活動をしています。

かつては食べて楽しむタルトが、今ではSNSで投稿をしたり、シェアをしたりする一連の体験に価値が生み出されるようになっています。

2・スイーツのドリンク化

食べ物としてのデザートをドリンクとして販売するトレンドが少しづつ見られます。

例えばタリーズコーヒージャパン株式会社は、「アイスティラミスカプチーノ」を2018年5月9日より発売。

プレスリリースの一文を引用します。

コクのあるエスプレッソにティラミスのフレーバーをプラスし、2層のビジュアルにチョコパウダーを振り、人気のスイーツ『ティラミス』を表現しました。一杯一杯手作りで丁寧に泡立てたフォームミルクは、口に入れた瞬間にとろけるほどクリーミーで、まるでふわふわ食感のティラミスを食べているような口あたりです。(1)

またセガフレード・ザネッティ・エスプレッソ・ワールドワイド・ジャパン株式会社では、「抹茶ティラミスラテ」を2018年2月15日に販売開始しました。

抹茶ティラミスの風味にこだわって開発されたというドリンク。同社では、ほかにもワッフルをトッピングした「バレンタイン・ストロベリー・ホット・チョック」や、マンゴー杏仁をグラニータにした「マンゴー杏仁グラニータ」など、 スイーツのドリンク化を積極的に展開しています。

デザート感覚で飲めるドリンクが、リバイバルヒットをさせる1つの条件となりそうです。

3・リゾート形式で非日常を演出

料理そのものを新しくするのではなく、 今までにはない演出をすることで、新しい見せ方にしてしまうという方法です。

西梅田のハービスPLAZA ENTに、「コサムイ バイ チェディルアン」(http://www.herbis.jp/shop/?id=56)という南タイリゾート料理店があります。オープンは2014年。タイ全土でも、もっとも辛い南部のタイ料理を提供しています。

ポイントは、ココナッツアイランドと呼ばれるタイ南部のサムイ島をイメージしたリゾート感溢れるお店であるということ。

とくにランチタイムにはタイのリゾートホテルのクラブラウンジ形式で、トロピカルブッフェスタイルをとっています。店内は梅田を一望できることもあって、非日常的なひと時を過ごすことが可能です。

ナタデココの入った「マンゴープリン 南国のフルーツ仕立て」が、デザートメニューの1つにあります。他店にはないスタイルをとっているので、 顧客は新しい楽しみ方ができるのではないでしょうか。

さいごに

『Levi's(リーバイス)』の「Silver-Tab-(シルバータブ)」から学ぶ飲食店経営術。かつてのヒット商品をリバイバルさせる3つの方法③【②】
90年代にヒットした料理を、リバイバルさせる方法を3つの視点から分析してみました。

どれも「ノスタルジーマーケティング」によって、当時を懐かしむ消費者を今の時代でも満たすことができる方法ではないでしょうか。さらには、新しい顧客層を巻き込んでいくこともできます。

今回のコラムを、よければ今後の飲食店経営にご活用ください。

【参考文献・サイト】
⁽¹⁾エスプレッソとふわふわのフォームミルクを楽しむ「アイスティラミスカプチーノ」を5月9日(水)より発売|タリーズコーヒージャパン株式会社
※クリックでPDFダウンロードとなります。

PAGE TOP