20190515-10-min

【繫盛店が実践】絶品まかないで、従業員だけでなく客も虜にする方法(後編)

【繫盛店が実践】絶品まかないで、従業員だけでなく客も虜にする方法(前編)
従業員に提供するまかない料理。まかないを活かして従業員の満足度や顧客からの評価を上げていく方法を、シリーズで紹介しています。

前回は、飲食店がまかないを出すメリットを、繫盛店の実践例とともに紹介しました。

【繫盛店が実践】絶品まかないで、従業員だけでなく客も虜にする方法(中編)

今回はまかないを提供する唯一のデメリットを取り上げながら、採用活動に活かすポイントを解説します。

【まかないのデメリット】

【成功事例から学ぶ最新経営術】飲食店でIoT技術を活かす方法

前回のコラムで取り上げた、まかないを提供するメリットを振り返っておきましょう。

①余った食材のロス対策
②新メニューの試作
③まかないメニューのグランドメニュー化または裏メニュー
④採用活動における差別化

活かせる利点は大きいのですが、メリットばかりではありません。大きなデメリットが1つあります。

源泉所得税の課税対象になるという点です。まかないは現物支給の給与として扱われるため、原則的に税金がかかります。まかないにかかった費用を、所得税の課税所得として計算しなければならないということです。

しかし以下、2つの要件⁽¹⁾を満たしていれば給与として課税対象にはなりません。

(1) 役員や使用人が食事の価額の半分以上を負担していること。
(2) 次の金額が1か月当たり3,500円(税抜き)以下であること。
(食事の価額) – (役員や使用人が負担している金額)
また「現金で食事代の補助をする場合には、深夜勤務者に夜食の支給ができないために1食当たり300円(税抜き)以下の金額を支給する場合を除き、補助をする全額が給与として課税されます。」「残業又は宿日直を行うときに支給する食事は、無料で支給しても給与として課税しなくてもよいこと」となっています。

これらの要件を満たさない飲食店は、要注意です。まかない付きで求人募集をする飲食店は、まかないにかかる原価を確認しておきましょう。場合によっては、税務署から税務調査の対象になる可能性もあります。

課税対象であるにも関わらず、申告していなかった場合は所得税と不納付加算税を支払う義務が生じます。

【絶品まかない付きの求人募集】

【成功事例から学ぶ最新経営術】飲食店でIoT技術を活かす方法

デメリットを理解して、対策ができていれば問題ありません。まかないのメリットを最大限に活かして、飲食店経営を展開していきましょう。

ここでは採用活動で、まかないを活かすポイントを取り上げます。事例には、私たちが運営する食ジョブ(https://shokujob.com/)で、実際に求人募集している案件を挙げながら、解説します。(*食ジョブとは、関西の飲食店に特化した求人サイトです)

①京のカレーうどん 味味香

■お店について:創業1969年。京都の出汁文化をから誕生した、京都祇園のカレーうどん屋。

■まかないのポイント:カレーうどん専門店ならではの絶品カレーうどんが、まかないで食べられます。期間限定や新メニューのカレーうどんもあります。カレーうどんが好きな人には見逃せない求人。

■求人募集の詳細はこちら→https://shokujob.com/offer/detail/3289

②BODEGA

■お店について:ミシュランビブグルマンを獲得した人気イタリアン。関西初上陸の薪窯が生み出すナポリピッツァがメイン。

■まかないのポイント:特製の薪窯で焼き上げられるピッツァをはじめ、本格イタリアンがまかないで食べられます。イタリア直輸入のチーズとトマトソースに新鮮な国産バジルなど食材にも徹底したこだわり。イタリアン好きからイタリアンを本格的に学びたい人までをターゲットにできる募集内容。

■求人募集の詳細はこちら→https://shokujob.com/offer/detail/2240

③炭火焼鳥 いこか

■お店について:北浜にある隠れ家的な串屋。紀州の最高級備長炭で、新鮮なお肉を贅沢に使ってじっくりと焼き上げています。

■まかないのポイント:お店が自信を持って仕入れている朝引きした地鶏など、珍しい食材が食べられることもあります。スタッフならではの特権がそろっています。

■求人募集の詳細はこちら→https://shokujob.com/offer/detail/2320

④いかわ村

■お店について:心斎橋駅から徒歩3分。アットホームな創作居酒屋。

■まかないのポイント:こだわりの創作生つくね焼き、さらには鶏の匠の鶏だしを使った匠のおでん、アメ村新名物焙煎カレーうどんなど絶品料理をたくさん提供する『いかわ村』ならではの、絶品まかないが強みです。

■求人募集の詳細はこちら→https://shokujob.com/offer/detail/3323

⑤SK

■お店について:神戸の山手にある人気イタリアン出身のシェフが手がける、隠れ家的なダイニングバル。

■まかないのポイント:謳い文句は「まかないがまかないじゃない!豪華でとても美味しい!」。お客様が「これがまかないなの!?」と驚くほどの豪華で、美味しい料理が魅力です。
食べたいメニューのジャンルなどリクエストも可能。
■求人募集の詳細はこちら→https://shokujob.com/offer/detail/2369

⑥炭火焼肉やまごろ

■お店について:大阪狭山市にある知る人ぞ知る、焼肉の名店。上質なお肉をリーズナブルな価格で食べられる地域密着型の焼肉店。

■まかないのポイント:焼肉の人気店ならではの、上質な焼肉まかないが日によって食べられます。メニューには載っていない「やまもとスペシャル」が出る日は、大当たり。焼肉好きには絶好の職場です。

■求人募集の詳細はこちら→https://shokujob.com/offer/detail/3332

【さいごに】

【成功事例から学ぶ最新経営術】飲食店でIoT技術を活かす方法

まかないを提供するデメリットとして、税金における問題を指摘しました。課税対象の場合、適正な税務処理をしていれば問題ありません。

まかないを採用活動に活かす繫盛店の実例を、食ジョブの掲載求人から紹介しました。求人募集でまかないについて掲載をして、他店と差別化をするためには、いくつかポイントがります。

①【まかない付き】と簡素な内容ではなく、具体的にどんな料理が提供されるのか詳しく掲載されていること。
②お店でしか食べられない料理であること。それが従業員の特権であること。
③豪華なメニューや、珍しい食材を提供していること。

時給や勤務時間・日数などの募集内容が他店と同条件だった場合、まかないをPRすることで、求職者への訴求ポイントになるでしょう。

まかないにこだわるということは、顧客だけではなく従業員も大切に扱うという意味も込められているのかもしれません。

今回の記事で紹介した実践例やポイントを、採用活動に活かしてみてください。さらに、まかないのメリットを通して、従業員と顧客の満足度も高い繫盛店を作っていきましょう。

【参考文献・リンク】
⁽¹⁾No.2594 食事を支給したとき|国税庁
https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/2594.htm

PAGE TOP