『800~1,100円では、ランチ商戦を勝ち抜けない!?家計の事情にあったランチで、夫と妻の心をつかむ』①【タイトル】

『800~1,100円では、ランチ商戦を勝ち抜けない!?家計の事情にあったランチで、夫と妻の心をつかむ』①

今回のテーマは、一般家庭のお財布事情に入り込んで、その実態にもとづいたランチ商戦の勝ち方を探っていきます。

ディナーへの集客を促すためにランチ営業しているお店。
ランチ商戦をメインに手がけているお店。

どんなお店であっても、お客様側には予算感があります。
家計の都合から行きたくても行けないお店、選択肢から外すお店もあります。

だからといって値下げをすればいいという話ではありません。
夫婦の家庭事情に根づいた集客をしていくために、より効果的にランチを展開する方法を考察します。

妻のランチ代は夫の1.6倍。夫婦間で広がるランチ格差。

『800~1100円では、ランチ商戦を勝ち抜けない!?家計の事情にあったランチで、夫と妻の心をつかむ』①
「明治安田生命」が発表した「家計」に関するアンケート(20~79歳の既婚男女が対象)で、ランチのお財布事情が明らかになりました。

報告書によれば、以下のように記されています。

全体の平均額は昨年から79円増加し、 2013年の当項目調査開始以来(※)最高の「1,042円」となりました。 男女別では、夫は「500円台」(30.4%)が最も多く、平均額は昨年から73円 増加し「777円」となりました。一方、妻は「1,000円~1,500円未満」(37.1%) が最も多く、次いで「1,500円以上」(35.7%)となり、平均額は調査開始以来(※) 最高の「1,263円」と、実に夫の約1.6倍の金額となっています。⁽¹⁾

妻のランチ代は、なんと夫の1.6倍
調査の結果、夫婦間での大幅なランチ格差が確認できました。

この時点でわかることは、理想的な予算感は夫が700円台、妻が1,200円台です。

さらに安すぎる・高すぎるケースを除いて、800円~1000円台のランチは予算感としては少し合わないこともわかります。

その場合はボリュームやメニュー・食材を調整させて、販売価格を再検討する必要があるかもしれません。

思うような集客ができていない場合は、潜在顧客が他店へ流入している可能性があります。またはコンビニなどで弁当を購入しているケースもあるでしょう。

とくに夫の立場では、通いたいお店よりも、通えるお店。食べたいランチよりも、食べれる料理を選んでいる可能性もあります。

ちなみに夫婦それぞれ、どこで昼食を食べたり購入したりしていているでしょうか。
都心部で働くビジネスマンに焦点を絞って確認をしておきます。

ライフハックマガジン「DIME」の1000人(のうち70%以上が既婚者)を対象にしたランチ事情調査で⁽²⁾は、以下の結果が報告されています。

「主に外食」が42%
「持ち帰り弁当やコンビニで買う」が23%
「社員食堂」が11%
「その他」10%

圧倒的に多いのは外食です。しかしコンビニ弁当やインスタント食品で安く済ませたり、中には手作り弁当を持参したりするビジネスマンも少なからず存在します。

ランチ格差が拡大する中で、最近ではランチをテイクアウトできる飲食店や、イートインコーナーを充実させたコンビニ・スーパーが増加しつつあります。

例えば、名古屋の中区にある「PIZZA SALVATORE CUOMO伏見」では、700円でテイクアウトができる詰め放のランチブッフェ(http://www.salvatore.jp/restaurant/fushimi/menu/pdf/lu_takeout.pdf)を提供しています。

また地場スーパーと連携させた広島県広島市の「ローソン フレスタ藤の木店」では、46席のゆったりとできるイートインコーナーを設置。

ちなみに外食をメインとするビジネスマンには、500円で食べられるお得なアプリ・書籍「ランチパスポート」も、ランチ代をお得にさせる手段として支持されています。

「ランチパスポート」は弊社でも取り扱っておりますので、詳細はお問い合わせください。

このように様々な顧客のニーズに応えたサービスが拡大しつつあるのです。

さいごに

『800~1100円では、ランチ商戦を勝ち抜けない!?家計の事情にあったランチで、夫と妻の心をつかむ』①
家計におけるランチ事情を紹介してきましたが、ランチ代がどうしてもシビアになってしまう理由、さらにはランチに求められている潜在ニーズがあります。

次回のコラムで詳しく解説をします。

【参考文献】
⁽¹⁾明治安田生命 「家計」に関するアンケート調査を実施! おこづかい額は「27,037円」と2年ぶりに増加。しかし希望額とは1万円以上の差!|明治安田生命保険相互会社
http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2018/pdf/20180501_01.pdf
※上記のリンク先はPDFファイルとなります。通信料にご注意ください。

⁽²⁾みんなは何を食べている?ビジネスマンのリアルなランチ事情(2017.07.24)|みんなのライフハック@DIME
https://dime.jp/genre/419990/

PAGE TOP