20191023_03-min

40代・50代から始めるカフェのリアルなバイト事情

カフェのバイトに憧れている方は、どの世代にも多くいます。10代から20代の若い世代だけでなく、40代・50代でカフェのバイトに挑戦してみたいという人もいるのではないでしょうか。

今回は、どんな40代・50代の人がカフェで仕事をしているのか解説します。カフェで働いてみたいけど、不安だという人もいるでしょう。40代・50代それぞれの世代ごとに、カフェのバイト・パートの実情と、面接の受かりやすいポイント、さらには周りから浮かないコツも紹介します。

●40代のカフェのバイト・パートの実情

まずは40代から解説します。

40代でカフェのバイト・パートをしている方は、ベテランのフリーター、子育て中の主婦、転職した人など、様々な人がいます。

特に、子育て中の主婦でカフェのバイトをしている人は、筆者自身もよく見かけてきました。学校・習い事の送り迎えをする前後の隙間時間を上手に使って、カフェでバイトをされています。

カフェは朝から夜まで営業しているところが多いため、午前中から夕方だけ働くことが可能です。退勤後には、買い物や家事など主婦の仕事にすぐ戻ることができます。カフェのバイト・パートは、日常生活の中でシフトを組みやすいため、主婦層から人気です。

主婦層だけではなく、40代でカフェのバイトとして活躍している人はいますが、注意点が1つあります。最近のオシャレなカフェや、ターゲット層が若い人のカフェなどは、若いスタッフが多く、年齢制限がある場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

年齢制限がないカフェは、基本的に年齢で落とされることはあまりありません。とくにスキル重視のカフェや、即戦力が問われる喫茶店で、今までの経験をアピールできれば採用されやすくなるでしょう。

料理メニューに力を入れているカフェの場合、料理スキルのある主婦、または料理経験者が歓迎されます。新メニュー開発のアイデアを出せる人なら、より必要とされるでしょう。

カフェではなく、純喫茶のような店舗形態であれば、お客様の年齢層は上がります。お客様だけでなく、スタッフも年齢層が高くなるので、40代でも違和感なく勤められます。カフェでの接客が不安で、年齢層の高いお客様なら自信があるという人は、純喫茶を受けてみるのも1つの手です。

●50代のカフェのバイト・パートの実情

次は50代に注目していきましょう。

カフェのバイト・パートをしている50代として、子育てが落ち着いた主婦層が代表的な存在です。

子育てが終わっているので、どの営業時間帯のシフトでも入ることができます。時間に融通が利くというのは、働き手だけでなく採用者側にとってもメリットです。時間帯だけでなく、土日祝日など曜日に関係なく勤務ができる場合は、採用される可能性が高くなるでしょう。

今まで専業主婦をしていて、働くのが久しぶりだという主婦でも、カフェなら活躍できる可能性があります。社会復帰の場としてカフェは、接客・調理どちらにおいても複雑な業務はあまりないので、50代の主婦がチャレンジしやすいと考えられます。

「未経験者歓迎」「主婦歓迎」と謳って人材を募集しているカフェを探してみましょう。とくにひっきりなしにお客様が来店するようなカフェではなく、落ち着いた雰囲気のカフェが向いているかもしれません。

未経験者でカフェに応募することが不安になる人もいるでしょう。カフェの経験がなくても、仕事復帰が久しぶりでも、今までの主婦経験で活かせることをアピールすれば、採用されやすくなります。

例えば、手先が器用で店内のメニュー表やポップを作成できるスキルがあれば、採用担当者から評価されるでしょう。

●無理に溶け込むより、年齢に応じた立ち位置を目指そう

「若い人が多いカフェで採用されたら浮かないか不安」「若い人が多いカフェで働いていてなじめない」という人もいるのではないでしょうか。

40~50代の人が、若い人が多いカフェで浮かないコツをご紹介します。

10~20代の中に無理に溶け込む必要はありません。年齢に応じた立ち位置を目指した方が良いでしょう。

例えば、大学生が多い場所なら、学生の相談役や母親のようなポジションになることをおすすめします。

大学生からすれば、母親と近しい年齢です。母親のようなポジションになれば、学生からしても、とても親しみやすさを感じますし、接しやすくなります。

そのために常に笑顔でいることを心がけましょう。年齢に関係ありませんが、接しやすい雰囲気の人は常に笑顔です。笑顔でいれば、明るい人だと思われ、話しかけられることも多くなります。

笑顔や表情で接客をするコツを、今までのコラムでも紹介をしたことがあります。ご参照ください。

”笑顔の大切さ”~言葉だけでなく「表情」で接客する方法
https://colum.shokujob.com/store_operation/2016/10/217/

笑顔ではなく「表情」でコミュニケーションをとる極意
https://colum.shokujob.com/human_resources/2019/04/5988/

また積極的に自分から話しかけることも大切です。どんな会話をすれば良いのか、話題に悩むことがあるかもしれません。

話題は無理に探さずに、身近なことで構いません。仕事の話だけではなく、世間話も自分から話してみましょう。学生からしてみれば、いろいろな話をしてきてくれる母親のような存在がいれば、楽しいものです。徐々に信頼関係は構築できるでしょう。

筆者が聞いた話では、学生のバイトスタッフから、親子関係の悩みを相談されたという人もいました。

気軽に話しかけることで、学生からもいろいろな話をしてくれるようになり、さらに親密になれます。40代・50代ならではの立ち位置を探って行きましょう。

●40代・50代から始めるカフェのバイトまとめ

40代・50代からカフェのバイトを始めたいけど、いろいろと不安・・・という方も、安心して挑戦してみてください。

学生など若い人が多いイメージがありますが、実際はそうではありません。40~50代の人にも、カフェのバイトは人気です。

また10代・20代のスタッフが集まるカフェでも、紹介したようなコツを活かせば、職場関係は上手く行きます。

どんなカフェ・喫茶店であっても、楽しみながら働いて、充実したバイト・パートライフを目指しましょう。

わたしたちは、大阪・神戸・京都を中心とした飲食の求人・転職サイト「食ジョブ」(https://shokujob.com/)を運営しています。「食ジョブ」にも、カフェの求人情報を豊富に掲載しています。

■「食ジョブ」おすすめのカフェ求人
https://shokujob.com/offer/list?station_pref1=&station_pref2=&station_pref3=&station_pref4=&station_pref5=&monthly_income=&hourly_wage=&freeword=%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7&condition_type=detail&detail_submit=true&lat=34.5197749&lng=135.85566&sort_type=recommended

PAGE TOP