メニュー名のつけ方が8割(初級編)③

メニュー名のつけ方が8割(初級編)③

思わず注文をしてみたくなるメニュー名について、シリーズでコラムをお届けしています。

前回は、『水曜日のダウンタウン』というバラエティ番組からメニュー名のつけ方について、ヒントを探りました。

手がかりとなったのは、先のことをイメージされやすいメニュー名にするということ。そのためには注意されるような、ネーミングが求められることを明らかにしてきました。

今回で最終回。

実際に、筆者が訪れた飲食店で興味をそそられた、また注文をする動機となったメニュー名を紹介していきます。

いくつかのパターンで事例を見ていきましょう。

注文したくなるメニュー名の実例

<ケース1>

タコ焼きであってタコ焼きでないタコ焼き

■店名:「豊」(http://www.moi.vc/toyo/)

■特徴:四条堀川に佇む隠れ家のような創作和食店。京都の地酒・食材が豊富。

■メニュー名:タコ焼きであってタコ焼きでないタコ焼き

■ポイント:結局どんな商品が出てくるのかがけむに巻かれている。だから気になる。しかしタコ焼きという定番メニューだからこそ安心しながら、未知の料理へのチャレンジ精神が湧いてくる。メジャーではない料理で、このようなやり方をするのは危険。

■実際はこんな料理:ジャガイモを八方出汁で割った生地で焼いた創作タコ焼き

■こんな活用ができる:一般的な居酒屋メニュー、マンネリ化している料理にひとひねり加える。「ポテサラのポテサラによるポテサラのためのポテサラ」「10割から2割引いたら10割よりも旨くなってしまった蕎麦」

<ケース2>

赤字覚悟のまぐろ刺身

■店名:「水谷 真田幸村」(https://www.eparkgourmet.com/detail/EG00550602)

■特徴:玉造駅前の幸村ロードにある居酒屋。真田幸村にちなんだメニューが多い。

■メニュー名:赤字覚悟のまぐろ刺身

■ポイント:真田幸村と言えば、赤備え。彼のシンボルカラーである赤から、赤字・赤身をシャレでつけている。まぐろの刺身だけなら、何の変哲もない居酒屋メニュー。しかし真田幸村が48歳で生涯を終えたことからか、480円という価格設定にするこだわりっぷり。歴史ファンではなくても、センスの良さに関心させられる。

■実際はこんな料理:まぐろ赤身が盛りつけられた、王道の刺身。

■こんな活用ができる:定番メニューをお店のコンセプトに合わせてダジャレ化する。例えば「水谷 真田幸村」には「赤玉パンチ」「牛肉赤身ステーキ」などがある。

<ケース3>

ジョンレモン(がちレモンサワー)

■店名:「創作串料理 Dining Juicys 104」(https://www.eparkgourmet.com/detail/EG00541928)

■特徴:大阪・新町の創作串カツダイニング(看板メニューは中華串と、天使海老の串カツ)。BGMはビートルズの楽曲オンリー。

■メニュー名:ジョンレモン(がちレモンサワー)

■ポイント:もちろんジョンレノンのオマージュだろうが、どんなものが出されるのか気になって仕方がない。ビートルズのヒットソングが流れる店内だからこそ通用するシャレ。お店の世界観に浸れそうなイメージが湧く。

■実際はこんな料理:生レモンが1個まるごと入った爽快サワー。追加のおかわりは、オノ・ヨーコというメニュー名。再婚相手ということで2杯目なのか、これまたセンスがいい。店名の104も、ジューシーと天使海老からつけているらしい。

■こんな活用ができる:店内のBGMや雰囲気、コンセプトなど、こだわりポイントとかけ合わせる。例えば、もし「創作串料理 Dining Juicys 104」のような店で提案するなら、スパークリングワインのポールスターとリンゴジュースで作る「ポール・スター」(ポール・マッカートニーとリンゴスターの組み合わせ)。

さいごに

以上が、実例の紹介となります。

いかがだったでしょうか。ちょっとした工夫をするだけで、注意をされる料理名、他店にはないメニュー名を創作することが可能です。

もし売りたい料理・利益率の高いメニューが思うように注文されない場合、またはお客様が注文で悩まれることが多い場合、一度メニュー名を見直してみられてはいかがだったでしょうか。

さらに一歩踏み込んだメニュー名のつけ方も、中級・上級編と称して別のコラムでお届けします。

PAGE TOP