飲食業界の仕事は学びが多い?成長チャンスがある業界

飲食業界の仕事は学びが多い?成長チャンスがある業界

飲食業界のみならず仕事をし、自分の力でお金を稼ぐということは自分自身の成長に役立つシーンが多々あります。
そもそもお金を稼ぐことは簡単そうに見えて中々難しいことだということ、特に飲食業界は人の口に入るものに携わることや、お客様をはじめ人と接する機会が多いということなど、様々な要素から心の成長につながりやすいという特徴があります。

飲食業界の仕事で成長できる要素

飲食業界で仕事をすることで成長できる要素は多種多様です。お店での立ち位置や、働くお店の立地など様々な要素が絡み合いますが、ここでは代表的なものをご紹介いたします。

・コミュニケーション力
・情報処理能力
・判断力
・専門的な技術の習得

そのほかにも成長できる要素はたくさんありますが、今回はこの四つの能力について詳しくご紹介いたします。

コミュニケーション能力
コミュニケーション能力。日常でも大切です
お客様と接する機会、また、お客様に接する際の距離が近いことが多いのが飲食業界です。スタッフはお客様に喜んでいただき、気持ちよく食事をしてお帰りいただくために最大限のおもてなしをすることを求められます。
特にお客様と直接接するホールの現場ではお客様の些細な反応に気づいて対応したり、さりげなく気を配ったりというスキルが求められます。
言葉以外の要素を含め、様々なことを意識することでお客様とコミュニケーションをとる。なかなか高度なコミュニケーション力が得やすいのではないでしょうか。
コミュニケーション能力が上がるのはホールだけではありません。キッチンの仕事でもコミュニケーション能力は鍛えられます。

情報処理能力
キッチンの場合はコミュニケーション能力だけではなく“情報処理能力”も同時に培われます。飲食店の場合、人が多く入る時間帯は大体決まってきて、繁盛店であればあるほど、ピーク時のキッチンにはかなりの負荷がかかります。
時間内に素早く調理して提供するには従業員どうしが各パートを分担し、コミュニケーションを取りながら料理を完成させなくてはなりません。
無数に入ってくるオーダーを聞き、時間を無駄にせずにオーダーを捌くというトレーニングがキッチンという職場ではできるのです。
たくさん入ってくる情報を処理していく訓練が自然とできる状況なので当然の結果です。

判断力
判断力。どんな業界でも活かせます
そして、この情報処理能力が引きあがれば、何を優先し、どの順番で、いま何の調理をすればいいのかを判断する力が付きます。
優先順位をつけて、やるべき動作を決定していくことで、より早く料理を提供することができます。飲食業界で長く働いていると、この力がかなり培われます。この段取り能力は飲食業界以外の業界でも活かせる能力になります。

専門的な技術の習得
飲食業界で仕事をすると言っても一括りにはできません。
バーなどで働くのであればお酒の知識を、ラテアートをするカフェであればラテアートの技術を身につけなくてはなりません。
したがってそれぞれ専門の技術や知識が身につくという点でいえば、これらも能力向上にあたるでしょう。
飲食業界で仕事をするということは、時間も知恵も身体もすべて差し出して働くことになるので、様々な体験をすることができます。その経験を通して、能力を培い、成長していくのです。

貴方より貴方の転職を本気で考えます。
食職コラム 担当

PAGE TOP