月30軒食べ歩く女性グルメライターが見つけた「オモロイ繁盛店」2選!今どきの人気店は尖り方が違う!?その①~関西初のパクチー専門店~【タイトル】

月30軒食べ歩く女性グルメライターが見つけた「オモロイ繁盛店」2選!今どきの人気店は尖り方が違う!?その①~関西初のパクチー専門店~

今回は月30件の飲食店を食べ歩くグルメライターが見つけた、関西の繁盛店をご紹介!

かの有名なグルメ本『Meets』や『ちょい飲み手帖』の掲載店や、SNSで話題の人気店の中から特に「オモロイ!」と思った2軒を厳選してご紹介。
飲食業界に興味のある方、飲食店を経営しているオーナーはぜひご覧ください。

《POINT》今どき人気のお店は「超特化型」である!

今どきのお店は『超特価型』である!
SNSで検索される店、メディアに取り上げられる話題のお店、普通のお店との違いは一体何なのでしょうか?月30軒もの飲食店を食べ歩く関西のグルメライター「おこめ」が検証した結果、イマドキ人気のお店にはとある共通点があるということが判明。

それは、極端に “尖っている”こと、つまり、それらのお店には他には変えられない独特の【個性】があるということです。「尖った個性」とは具体的にどのようなことなのでしょうか?
今回はその理由にフォーカスしていきましょう。

これから2部にわたるコラムでご紹介する2軒は、すべて何かに極端に特化した飲食店舗ばかり。
お店を今一度繁盛させたい!という経営者の方々はぜひこの繁盛店からヒントを得てみてください。まずは一軒目のご紹介です。

ここまでやっちゃう!?「GOGOパクチー」

月30軒食べ歩く女性グルメライターが見つけた「オモロイ繁盛店」2選!今どきの人気店は尖り方が違う!?その①~関西初のパクチー専門店~
■どんなお店なのか?
一軒目は大阪市中央区の本町にある「GOGOパクチー」というお店です。
パクチーをこよなく愛するオーナーが2014年にオープンした関西初のパクチー専門店で、国産・有機無農薬のこだわりのパクチーをこの上なく堪能できるお店です。近年の香草ブームの波にもしっかりと乗り、筆者の知人の中でも知らないものはいないくらい。

インスタグラムで #gogoパクチー と検索すると、ファンの投稿が数多く見られるほか、その群を抜いた個性が評価されTVなどメディアでも話題の有名店となっています。某口コミグルメサイトの評価も★3.58と好評価。(2018/07/17現在)このお店の尖った個性とは一体…!?

※GOGOパクチーの詳細はコチラ

月30軒食べ歩く女性グルメライターが見つけた「オモロイ繁盛店」2選!今どきの人気店は尖り方が違う!?その①~関西初のパクチー専門店~
■「GOGOパクチー」の個性を知る!
まずは料理。月ごとに仕入れ先を変える国産のパクチーは常時なんと食べ放題。北海道や熊本など、ありとあらゆる全国エリアの中から美味しいパクチーを厳選して仕入れています。
この仕入れのこだわりだけでも常ならぬパクチーへの情熱が感じられますね。

料理はパクチー率99%のメニュー!

月30軒食べ歩く女性グルメライターが見つけた「オモロイ繁盛店」2選!今どきの人気店は尖り方が違う!?その①~関西初のパクチー専門店~
■料理の9.9割がパクチーを使ったオリジナル
メニューはなんと99%がパクチーを使った料理。(残りの1%はパクチーに合うもの)
この「徹底的なパクチー愛」が、従来からのパクチー好きの心をつかむだけでなく、
物珍しさから新規のパクチーファンを生み出すのだとか。
確かに、ここまで尖っているとパクチーが苦手であっても、つい興味をもってしまいます。

月30軒食べ歩く女性グルメライターが見つけた「オモロイ繁盛店」2選!今どきの人気店は尖り方が違う!?その①~関西初のパクチー専門店~
■本格的な美味しさがリピーター獲得の鍵!
今回筆者が取材時に食べたのは「パクチー麻婆豆腐」と「パクチー炒飯」「パクリンチー」です。
特に印象に残ったのは、お店の一押し「パクチー炒飯」。
作り方は、パクチーのペーストをお米の一粒一粒にまとわせ、輝くパクチー色に仕上げるのだとか。実際に食してみたところ、もっと食べにくいのかと思いきや青臭さは一切なく、爽やかな風味とやさしい味わいが楽しめ非常に完成度の高い美味しさでした。

ペーストを使用することで、パクチーがより均一に具材に絡まり、炒飯は素晴らしく鮮やかなパクチー色に輝きます。見た目も美しく個性的な逸品の出来上がり。「意外と…いや、めっちゃ美味しい!」と筆者の友人も、冗談抜きで旨いと太鼓判。中華料理店も顔負けの本格的な料理+自慢のパクチーでリピーターも続出です。

月30軒食べ歩く女性グルメライターが見つけた「オモロイ繁盛店」2選!今どきの人気店は尖り方が違う!?その①~関西初のパクチー専門店~
■お客様へ感動の初体験を提供!
その他にもパクチーをふんだんに使用したメニューがたくさん。
パクチーマンゴーサワーは甘みとほんのり苦みが程よくブレンドし、さっぱりとした風味のお酒。
また、刻みパクチーをアイスに練りこみ、衣をつけて揚げたパクチーの揚げアイスは
固めることでチョコチップのようにパリッとしたパクチーの食感を感じられる面白スイーツでした。

パクチーをただトッピングするだけでなく、より美味しくアレンジするこの新しさ
そして、とことん追求する「GOGOパクチー」の素材選びやこだわりが、いかに深いかという証拠です。また、こだわりの料理は、どれもが初めて体験する一口で「こんな美味しさがあったんだ」という食の楽しさを再認識することができました。

スタッフも「特化型」!パクチーを愛するオーナー達

月30軒食べ歩く女性グルメライターが見つけた「オモロイ繁盛店」2選!今どきの人気店は尖り方が違う!?その①~関西初のパクチー専門店~
■抜群の個性を際立てるスタッフ一同!
「GOGOパクチー」のスタッフさんたちは、衣装・髪型など見た目もインパクト大!
制服にはパクチーを思わせる緑色が加えられよりお店の世界観を際立てています。
とある日にはパクチーの被り物を。とある日には全身緑色に染まったオーナーに出会うことができるかもしれません。

ちなみにオーナーさん、お店のInstagramにも投稿されていますが、朝日放送「エンカメ – THAT’S ENKA TAINMENT〜ちょっと唄っていいかしら?〜」にも出演したことがある話題の人。

月30軒食べ歩く女性グルメライターが見つけた「オモロイ繁盛店」2選!今どきの人気店は尖り方が違う!?その①~関西初のパクチー専門店~
■なぜ、パクチー専門店を作ろうと思ったのか。
放送作家、吉村智樹氏のインタビューによると、

「僕は日本と台湾のハーフだから、パクチーに感情移入しちゃったんです。パクチーはキャラクターが強い異文化野菜。日本になじんでいるような、なじみきれていないような、微妙な存在。そんなパクチーと自分が重なったんです。」と「GoGoパクチー」オーナーシェフ田淵雅圭さんは語ります。

正直、パクチーは苦手で、幼いころは食べるのを避けていた田淵さん。
しかし中学生になってピータン粥を食べ、なんとなく物足りなさを感じた時、
ふとパクチーを乗せて食べるとその美味しさにびっくり。
「ああ、これや!」と、パクチーの美味しさに目覚めたのだそうです。
以来、田淵さんにとってパクチーは大好物になり、食事には欠かせない存在となりました。

月30軒食べ歩く女性グルメライターが見つけた「オモロイ繁盛店」2選!今どきの人気店は尖り方が違う!?その①~関西初のパクチー専門店~
■創業のきっかけとは?
その後パクチー専門店を夢見ていた田淵さんは、とある日の夜、友人の立ち飲みBarを借り「パクチーナイト」というイベントを開催。すると20人も入らないお店に70人以上のお客さんが訪れるほどの成果を出したのだとか。店外にもお客さんが溢れており、ご近所からはクレームがあった程。
友人も「ここ10年くらいで今夜が一番儲かったわ」と喜んでくれ、この実績が開業へのきっかけとなったのだそうです。(参照元:https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/tomoki-yoshimura/16-00424) 

まとめ

■極端だから、丁度いい
以上、月30件食べ歩くグルメライターが紹介する、話題の人気店「GOGOパクチー」でした。
猛烈なまでのパクチー愛を形にした「やりすぎ!?」と思うほどの尖り方。

この「超特化」は、お客さんにとって、ここでしか味わえない美味しさや楽しさ、唯一無二の利用価値を感じさせます。極端だから丁度いい。思い切って尖ってみるのも集客を得る一つの手かもしれません。

次回は、グルメライターが厳選したもう一つのお店をご紹介!キーワードは【マヨネーズ】です。

【 参照URL 】
・GOGOパクチー公式ホームページ http://gogopaxi.com/
・朝日放送「エンカメ – THAT’S ENKA TAINMENT〜ちょっと唄っていいかしら?〜 https://www.asahi.co.jp/enkame/
・GOGOパクチーInstagram公式アカウント https://www.instagram.com/gogopaxi/
・食べログ「GOGOパクチー」 https://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27081821/dtlmenu/lunch/

PAGE TOP