20191206_eye-min

美味いものほど怖いもの?ハイカロリーで濃厚な料理の魅力に迫る

健康ブームに沸く現在では、食のトレンドでも低糖質・低脂質・低カロリーの料理たちが注目を集めています。

肉類を使わないヴィーガンのための料理や、ダイエットにも良いローカーボの食品など、さまざまなものが登場していますよね。

こういった健康志向の風潮は以前より長く続いていましたが、近年この風潮とは全く逆のトレンドがにわかに注目され始めているのをご存知でしょうか。

というのも、飲食業界や外食産業がこぞってハイカロリーな商品・料理の開発やリリースをおこなっているのです。

「高カロリーブーム」とも言えるこの現象はネットやSNSを中心に広がっており、今後さらに大きなブームとなるかもしれません。

ということで今回は、ハイカロリーの怖さを逆手に取った新しいグルメトレンドについて詳しくご紹介していきたいと思います!

目次

●キーワードは「背徳感」

 

健康志向のグルメトレンドが長く続く中で、最近では低カロリーと全く真逆のカウンター的なグルメトレンドが誕生しつつあります。

そのグルメトレンドというのが、「ハイカロリーブーム」。

チーズ・揚げ物・お肉など、ハイカロリーな料理には味にかなりのインパクトがありますよね。

注目されやすい商品や料理の共通点といえば、「見た目」のインパクトを重視した派手な盛り付け。

SNSを見渡してみても、人の目を惹きつけるようなトッピングなどが特徴的な料理がたくさん投稿されています

しかし、これからの新しいトレンドでは「見た目」に加えて「味」のインパクトにも注目が集まっていく傾向にあるようです。

また「悪魔的な美味しさ」「罪悪感のあるグルメ」などなど、ハイカロリーブームには「背徳感」というキーワードも大きく関係しているようです。

本能に任せて食べるという背徳感が、料理をより美味しく感じさせるスパイスにもなっているのでしょう。

●糖質制限ブームからの反発で生まれるハイカロリーブーム

 
健康に気を遣いすぎヘルシーであっさりした商品や料理ばかりを食べていると、無性に脂っこいものやハイカロリーな料理を食べたくなることがありませんか?

「ハイカロリーブーム」は、こういった本能的欲求から生まれたブームとも言えます。

「ホットペッパーグルメ外食総研」が全国に住む20~59歳の男女約1000人を対象に行ったインターネット調査によると、「高カロリーな料理に抵抗がある」と答えた人が約半数いました。

しかしその一方で、「抵抗がある」と答えた人の約80%が「たまには高カロリー料理を思い切り食べたい」と考えていることも分かりました。

このように、たとえヘルシーな料理を積極的に食べている人でも本能的にハイカロリーな料理を欲しているのです。

●ハイカロリーを楽しめる料理の数々も登場!

飲食業界や飲食店にも、ハイカロリーブームの波はじわじわと浸透しつつある様子。

このブームの兆しをいち早く察した一部の飲食店では、すでにハイカロリーな料理の数々を提供し始めているようです。

またハイカロリーな料理の中には、大盛・デカ盛りの要素も加えてさらなるインパクトを追求した料理まで登場しています。

ではここで、今すぐにでも楽しめるハイカロリー料理たちを少しご紹介していきましょう。

◆痛風鍋・痛風丼

痛風鍋・痛風丼は、ハイカロリーで悪魔的な美味しさを楽しめる料理の一つ。

痛風鍋とは牡蠣・白子・あん肝など、プリン体を多く含んだ魚卵などの食材をふんだんに使った鍋のこと。

そして痛風丼も同じく、イクラ・ウニ・卵黄を乗せたプリン体たっぷりの食材を贅沢に使った豪華な丼のこと。

名前にもある通り痛風を誘発させるような料理たちですが、背徳感と罪悪感が相まった美味しさはまさに悪魔的とも言える逸品。

ちなみに大阪では、服部天神にある「泳ぎいか・ふぐ・いわし・大阪懐石料理・遊食遊膳 笹庵 (ささあん)」にて痛風鍋と痛風丼をいただくことができます。

◆ドミノピザのウルトラ盛4倍!チーズ

飲食業界の大手企業であるドミノ・ピザではすでにハイカロリーな料理に目を付けており、チーズをふんだんに使ったハイカロリーメニューを開発して成功を収めた実績を持っています。

2019年5月28日に発売を開始した「ウルトラ盛4倍!チーズ」は、チーズとモッツァレッラチーズの2種を通常の4倍トッピングしたハイカロリーなピザ。

さらにカマンベールも加わった「ウルトラ盛ミルフィーユ」に至っては、Mサイズ1枚1640kcal、Lサイズ1枚3276kcalという驚きの高カロリーに!

ドミノ・ピザ史上最大のボリュームとカロリーを誇る「ウルトラ盛4倍!チーズピザ」は、期間限定という希少性も合わさってSNSやYouTubeなどでも大きく注目されましたね。

また販売終了後の反響も大きく、復活と販売期間の延長を繰り返したチーズピザは累計100万枚を記録するヒット商品となりました。

◆チーズ鍋

 
冬に美味しい鍋料理にもハイカロリーブームの波が来ており、特にチーズを使ったチーズ鍋なるものが若者を中心に人気を集めています。

東京は渋谷にお店を構える「HangOut HangOver」では、2019年10月1日より「厚切り牛ステーキ・ジャークチキン・生スパイスの石焼デビルチーズ鍋」が登場。

こちらの鍋には牛ステーキ・ジャークチキン・厚切りベーコン・極太ソーセージなどのボリューム満点な食材が入っており、鍋の出汁にはサルサソースをベースにしたメキシカン風スープを使っています。

さまざまな種類の肉汁が溢れ出す鍋はそのままでも十分に高カロリーな料理ですが、さらにその上からコクのあるチェダーチーズと伸びの良いモッツァレラチーズの2種類をたっぷりと使用したチーズソースをトッピング!

たっぷりのチーズソースを豪快にドサッと盛りつけたチーズ鍋は、まさにカロリーの権化。

破壊力ある見た目と背徳感を存分に楽しめる悪魔的な美味しさが魅力的ですね。

●ハイカロリーな料理でお店の知名度をアップ

 
ハイカロリーな料理は見た目のインパクトも大きく、SNS映えを意識した「デカ盛り」「メガ盛り」との相性も抜群。

そのため、YouTuberの方々もハイカロリーで派手な料理が登場すればすぐに動画で取り上げることが多いようですね。

つまりは、ハイカロリーな料理は広告効果も高い料理ということ。

これからのオープンを予定している飲食店経営者の方々も、新しいグルメトレンドに乗ってハイカロリーな料理を開発してみてはいかがでしょうか。

飲食店経営者の方はこちらのコラムもおすすめ!
▼「ぐるなび発表!2019年人気のトレンド鍋は「発酵鍋」」
https://colum.shokujob.com/news/2019/10/7908/

▼「ドミノ・ピザ攻めの戦略!1キロウルトラチーズが流行る理由」
https://colum.shokujob.com/news/2019/07/6596/

■参考URL

悪魔的な高カロリー鍋が大人気! 健康ブームはいずこへ? その背景に迫る | アーバン ライフ メトロ
https://urbanlife.tokyo/post/5672/

インフレ続く? ペヤング、ドミノ・ピザ…「高カロリーブーム」到来か(2018年5月31日)|BIGLOBEニュース
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0531/stb_180531_6752004323.html

食べちゃダメってわかってるのに…! 渋谷で濃厚すぎる「痛風鍋」を我を忘れて食べ続けた | Rettyグルメニュース
https://retty.news/35049/

PAGE TOP