200217ec

2月22日(猫の日)には猫×グルメ!猫をコンセプト&モチーフにしたお店をご紹介

猫とグルメは昔から関係が深く、グルメな動物の代表としてもよく知られています。

そんな猫だからこそ飲食店のモチーフになったり、料理のコンセプトになったりすることもよくあるんですよ。

今回は2月22日の猫の日に合わせて、猫の可愛さを美味しい料理を一緒に楽しめるユニークなお店を集めてみました。

●目次

●2月22日はニャンニャンニャンで猫の日

2月22日はニャンニャンニャンで猫の日

 
来たる2月22日は猫好きにとって、とても大切な日となります。

なぜならこの日は、222(ニャンニャンニャン)の語呂合わせから「猫の日」とされているからです。

最近では猫好きな人たちも増えてきており、犬好きな人たちの数に迫るほどの勢いを見せています。

ニュースサイトしらべぇが調査した結果によりますと、若い世代ほど猫派が多いということが判明しました。

また40代以降では男性より女性に猫好きが目立つ傾向があり、30代以下では男性のほうが猫好きという傾向が見られるようです。

さらに、20代男性では約半数もの人たちが猫好きという結果も出ています。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年2月13日~2017年3月9日
対象:全国20?60代男女44,949名/88,321名

出典:犬派・猫派はどちらが多い? 4万人調査で若い世代には変化の兆しも|ニュースサイトしらべぇ
https://sirabee.com/2017/09/14/20161288833/2/

●猫とグルメを組み合わせるお店は意外と多い

猫とグルメを組み合わせるお店は意外と多い

 
実を言いますと、猫とグルメの組み合わせはかなり相性が良いんです。

飲食店の中にも、猫をモチーフにしたりコンセプトにしたりするお店は結構多いんですよ。

店名に猫を加えていたり、猫をモチーフにした料理を考案して提供していたりする飲食店もあります。

猫とグルメの組み合わせは昔から使われているもので、絵本や小説などでも猫がシェフを務める物語などもよく見かけます。

代表的なものですと、宮沢賢治の「注文の多い料理店」などがありますね。

猫好きがグルメなのか、はたまた猫がグルメなのか。とにかく猫とグルメは切っても切れない不思議な関係を持っているのです。

●猫をモチーフ&コンセプトにした大阪のユニークなお店

ここからは、猫の日にこそ訪れたい大阪のおすすめ店をご紹介していきましょう!

どのお店も猫とグルメを上手く組み合わせているので、猫好きの方以外も必見ですよ!

◆ブルージン

猫の形をした食パンが有名なお店!

食パン以外にも、猫の手をモチーフにしたスイーツもあります。

◆雑貨BAR猫福堂

お店で飼われている猫と戯れながらお酒を楽しめるバー。

気ままに遊ぶ猫を眺めながらいただくお酒はまた格別でしょう。

◆卵料理とお酒 猫と卵

店名に猫を付けた居酒屋さんで、卵料理が特に人気のお店!

一番の人気メニューは猫の顔をした大きな出汁巻き。

食べるのがもったいないくらい可愛い!

●猫の可愛さと料理の美味しさを一緒に楽しもう

猫の可愛さと料理の美味しさを一緒に楽しもう

 
グルメな雰囲気を持っているからこそ、さまざまな作品でシェフ役を任せられる猫たち。

飲食店の中には看板猫を買っているお店もありますし、商売繁盛の縁起物として招き猫を置いてあるお店も多いですよね。

みなさんも今回ご紹介したお店で、猫の可愛さと絶品料理を楽しんでみてください!

■参考URL

ニュースサイトしらべぇ
https://sirabee.com/2017/09/14/20161288833/2/

飲食店経営者の方はこちらのコラムもおすすめ!
▼「店の価値を上げるなら1つだけ「〇〇にこだわりなさい。」
https://colum.shokujob.com/store_operation/2019/05/6195/

▼「飲食人必見!谷四の「魚の郷 こにし」が満席の理由」
https://colum.shokujob.com/store_operation/2019/07/6835/

▼「パンで人気『桜珈琲』(富田林店)の推しメニューを徹底調査!①」
https://colum.shokujob.com/news/2019/08/7519/ 

PAGE TOP