【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年始編)【サムネ】-min

年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻(前編)

/wp/wp-content/uploads/2019/01/【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年始編)

『かっぱ寿司』の冬商戦グルメレポート。
年末編に続きまして、今回は年始編をお届けします!!

年末編はこちらからご覧ください。
【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年末編)

平成最後の年末年始。
『かっぱ寿司』の冬商戦が、スゴいことになっている・・・という情報を入手しました。

新しいご馳走ネタが登場したり、贅沢なキャンペーン、フェアが開催されたりと盛り沢山。

例えば2018年12月28日からは「とろけるバフンうに」「地中海から本鮪中トロ」、2019年1月1日からは「北の赤いダイヤ鮮極いくら」といった豪華でネタが、期間限定メニューとして、または冬の定番ネタとして次々に投入されました。

訪れる時期によって、バリエーション豊富な寿司を楽しめるのが『かっぱ寿司』における年末年始商戦の魅力です。どれも見逃せない寿司ばかり。ということで、筆者は年末と年始にわけて『かっぱ寿司』に訪問させて頂きました。

今回は年始に訪れた様子をお届けしています!!

おせちに負けぬ”かっぱ寿司”高級ネタで祝賀ぶり

/wp/wp-content/uploads/2019/01/【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年始編)
混雑が予想される正月。
開店時間とほぼ同時に入店しました。

案内して頂いたカウンター席へ。
食べたいネタは、だいたい決めてきました。
が、状況に応じて臨機応変に攻めようかと。

でも、まずは心に決めてきたネタから。

/wp/wp-content/uploads/2019/01/【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年始編)
/wp/wp-content/uploads/2019/01/【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年始編)

「本鮪中とろ」です。
すでにコチラ、動画で予習済み。

普段は赤身派ですが、しばしば中とろには惹かれます。

肌理の細かい肉質。
ほど良い酸味に、まったりとした脂の甘さがと広がります。

/wp/wp-content/uploads/2019/01/【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年始編)
/wp/wp-content/uploads/2019/01/【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年始編)

続いて、本日のメインキャストに登場して頂きましょう。

「鮮極いくら」。
そして「とろけるバフンうに」。

こちらも事前にチェック済みです。

「鮮極いくら」

「とろけるバフンうに」

通称”北の赤いダイヤ”と呼ばれている「鮮極いくら」。
まさに光り輝いております

産地は、北海道でも一級品がとれる道東沖に限定。
最高ランク”3特”のみを使用しているとのこと。

口に入れた瞬間、プチっと弾けて、深いコクが浸透していきます。
こだわり通りの卵質の良さと、高級感です。

「とろけるバフンうに」は、確かにとろけるのですが、それだけでは説明不十分。
濃厚な甘みとともにとろけていきます。

これが100円とは参りました。

豪華ネタに心を奪われていましたが、海苔も良い素材を使っています。
パリッと弾けて、香りの高さが魅力です。

/wp/wp-content/uploads/2019/01/【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年始編)
/wp/wp-content/uploads/2019/01/【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年始編)

続いては「のどぐろ塩炙り」を頂きます。

見た目は白身。
ですが、脂がしっかりとのっています。

炙ることで、焼き目から香り立つ香ばしさ、
そして高級魚らしい旨味が際立ちます。

箸を休めることなく「アカイカ島寿司風」、「びん長島寿司風」も、1貫ずつ注文。
醬油をベースにしたタレでしっかりと漬け込んだネタに、添えられた辛子が絶妙に合います。

ワサビも良いですが、辛子も乙なものです。

/wp/wp-content/uploads/2019/01/【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年始編)
/wp/wp-content/uploads/2019/01/【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年始編)

ここでアドリブタイムへ突入します。

「肉味噌辛辣ラーメン」をオーダー。

寿司屋に来て、ラーメンは初の試みです。
年始早々から攻めてみます。

京都にある創作中華屋『一之船入』と『かっぱ寿司』がコラボをした、本格ラーメンシリーズの商品。

赤葱醬を使用した特製ソースが極旨辛。
噛めば噛むほど肉味噌の旨味が溢れるとともに、辛さが追いかけてきます。

汗が出るほど暑くなってきました。
寿司の味わいを邪魔せず、単品だけでも魅力のあるラーメンです。

麺はなくなりましたが、ココに熱々のご飯を入れたいくらい・・・。

/wp/wp-content/uploads/2019/01/【特別企画】平成最後の年末年始商戦!「かっぱ寿司」のご馳走ネタが圧巻だった!』(年始編)

程よく満たされたところで、最後のラストスパートです。

「鰯なめろう納豆」と「フォアグラあん肝」を1貫ずつ注文。

前回は「肉いなり」で年末を〆ましたが、今回は個性派の巻もので正月っぽい彩りに。
年始をめでたく飾らせて頂きました。

以上、平成最後の年末年始商戦をテーマに「かっぱ寿司」のグルメレポートをお届けして来ました。

今後、さらなる競争が予想される回転寿司業界。
各社がどんな戦略や仕掛けに打って出るのか、これからも目を離せません。

今年も飲食にまつわる有益な情報を、「食×職コラム」でお届けしています!何卒よろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP