”やりたいことがわからない”人のための仕事選び(飲食業界編)

転職・就職で「やりたいこと」がわからない人のための仕事探し術

就職や転職をする上で「何がしたいのかわからない 」「興味のある仕事がない」「つきたい仕事がない」「どの業界が合っているかわからない」といった悩みを抱える人は少なくありません。

自己分析をしたり、今までの経歴・スキルを整理したりしても、仕事選びは難しいものです。とくに第二新卒や20~30代の方は、まだ社会人としての経験が浅いので、将来のことを考えても、ぼんやりとするかもしれません。

今回はキャリアをどのように形成してばいいか迷っている方に、
ヒントになる情報をお届けします。

次の職場は「もうちょっと楽に働ける仕事がいいなぁ」という方は、こちらの記事もお役立てください。

「やりたいことがない」を軸に自己分析をする方法

就職先を選んだり、転職・独立を考えたりする時に、
「将来どうなりたいのか」「何を目指しているのか」
といった問いを考えることが大切だと、一般的には言われています。

しかし考えれば考えるほど、一体自分はどうしたいのか、
わからなくなってしまいます。自信も失ってしまいそうになります。

そんな時にオススメなのが”やりたいこと”ではなく、
”やりたくないこと”をピックアップしてみることです。

やりたくないことを書いてみる"

給与や勤務地、勤務条件などで、これだけは避けたいという項目をあげていきます。

例えば、

■月収25万円以下

■地元以外での勤務

■電車通勤をしなければいけない

■キッチンとホール兼務する

■やりがいよりも効率を優先

だとします。

さらに良いのは、理由も考えます。

■月収25万円以下
→妻にも働いてもらう必要がある。家事に専念して欲しいから。

■地元以外での勤務
→親の面倒を見たいので、実家から遠くなるのは不可。

■電車通勤をしなければいけない
→疲れて帰るので、通勤・帰宅ラッシュがある電車は避けたい。

■キッチンとホール兼務する
→接客はできる限り控えたい。

■やりがいよりも効率を優先
→以前に効率重視のお店で働いて失敗したから。

ここから導き出せるのは、

■妻が家事に専念できる雇用条件が揃っていること

■親の面倒が見れる環境にいること

■通勤・帰宅に体力を使わないこと

■キッチン業務に専念したいこと

■やりがいのある仕事であること

といった希望です。

合わせて、以下の自己分析ノウハウもご活用ください。

▼自己分析を深掘りしていこう!

リストアップが出来れば、転職支援サービスを利用するのも効果的です。
完成したリストをもとに、転職専門の担当者による相談が出来ます。

とくに飲食業界に特化した転職支援サイトとして、
「食ジョブ転職支援サービス」(https://tenshoku.shokujob.com/)があります。


食ジョブ転職支援サービス

キャリアアップの相談や転職サポートといったサービスを受けられるので、
興味のある方は、ぜひご活用ください。

やりたくないことリストで、転職・就職活動を前進させよう

”やりたくないこと”リストによって、やりたいことが見つからなくても、
まずは最低限の条件をクリアしつつ、ストレスのかからない仕事を見つけていくことができます。

そこから、自分のペースで何をしたいのか探してもいいですし、
就職した先に本当に叶えたいことが見つかるかもしれません。

まずは一歩前へ踏み出してみること。行動することが重要です。
”やりたくないこと”リストを、これを機に一度考えてみてはいかがでしょうか。

\飲食店の求人情報が満載/▷『食ジョブ』で求人を探す

PAGE TOP