0191025_01-min

飲食店の新しい形を作る定額制サービス

みなさんは「サブスクリプション」というものをご存知でしょうか。

「サブスクリプション」とは、製品やサービスなどの一定期間の利用に対して代金を支払う方式のことであり、「定額制サービス」とも言われています。

音楽・動画配信サービスではよく見かける方式のサービスですが、このビジネスモデルが飲食業界にも採り入れられ始めているのです。
しかし、採り入れることでメリットがある反面、注意しておくべきデメリットも存在しています。

今回は定額制サービス(サブスクリプション)を検討している方に向けて、サービスが持つメリットとデメリットなどをご紹介していきます。

●目次

●飲食店の定額制サービスとは?

飲食店の新しい形を作る定額制サービス

Apple musicやHulu・Netflixなど、音楽や動画配信サービスにおいてすでに広く採り入れられている「定額制サービス」。

「月額○○円で動画が見放題」といったような広告をよく見かけますが、このサービスこそ「定額制サービス(サブスクリプション)」なのです。

この定額サービスが今では外食産業の一部店舗などで採り入れられるようになってきており、大きな話題となっています。

例えばとあるラーメン店では月額 8,600 円でのサブスクリプションを開始し、毎日1杯ラーメンが食べられるサービスを提供しています。

またラーメン店の他にもサブスクリプションを採用したカフェも登場しており、月額料金900円で月にコーヒーを3杯まで飲めるというサービスを提供しているようです。

どちらのお店も選べるメニューなどに制限をかけてはいますが、それでも定額制サービスを利用するお客様はどんどん増えているとのことです。

話題性と利便性で利用客数を伸ばしている定額制サービスですが、サービスを採り入れることによってメリットだけでなくデメリットが発生する場合もあります。

では次に、定額制サービス(サブスクリプション)を取り入れることによって起こるメリットとデメリットについて学んでいきましょう。

●飲食店の定額制サービスにおけるメリット

飲食店の新しい形を作る定額制サービス

定額制サービスを採り入れることで得られる一番の大きなメリットは、売り上げの安定化を図れるということでしょう。

料理やサービスの料金を前金として受け取れることができ、それを予算として事前に資金運用の計画を立てたり融通を利かせたりすることもできるようになります。

月の初めに売り上げの目処がある程度立てられるのであれば、必要な経費を確保しつつ無駄な材料の仕入れなどを抑えることも可能になります。

もう一つの大きなメリットは、定額制サービスによって固定客を得る機会が増えるということですね。

定額制サービスによって来店されるお客様との接点が増えれば、お店自体のファンとなってもらえるチャンスもたくさん作ることができるようになります

また固定客を増やすことで売上をさらに安定化させることができるようになりますので、天候やお客様の気分などによって売上が大きく変動することも同時に防ぐことができるようになります。

●飲食店の定額制サービスにおけるデメリット

飲食店の新しい形を作る定額制サービス

定額制サービスによって起こるデメリットは、適正な価格の設定が難しいということです。

この価格設定はお店の売上を大きく左右する部分でもあるので、定額制サービスをいくらで開始するかを決めるためにしっかりと時間をかけて判断する必要があります。

例えば価格を高く設定しまうと会員の数が増えず、売上の安定化も図れないままサービスを終了せざるを得なくなってしまいます。

逆に価格を低く設定しまえば、定額サービスに対する費用対効果が悪くなり赤字がずっと続いてしまうという状況も起こってしまいます。

価格設定をする時には定額制サービスの相場や原価などから複合的に判断し、費用対効果の高い価格を設定しなければいけません。

お客様が利用しやすく、かつ利益も確保できる価格設定を考えるには、それなりの時間と準備が必要となっていきます。

安易に定額制を採り入れてしまうと大きなリスクを抱えてしまうことに繋がりますので、実際に採り入れる場合は計画を立ててからサービスを開始するように心掛けておきましょう。

●定額制サービスをしっかり学んで飲食店に導入しよう

飲食店の新しい形を作る定額制サービス

これからの飲食業界には、定額制サービスの大きな波がやってくるかもしれません。

今はまだごく一部の飲食店が始めているだけですが、これからどんどん増えることも十分に考えられます。

お客様にとっても店舗にとっても大きなメリットがある定額制サービスは、話題性も相まって大きな広告効果をもたらしてくれるでしょう。

他店との差別化を図るためにも、先んじて定額制サービスを採り入れてみるのも良いかもしれません。

定額制サービス(サブスクリプション)を上手く活用して、新規のお客様やリピーターをどんどん獲得していきましょう。

■参考URL

飲食業界のサブスクリプションサービス|定額制は店にもメリットがある?|EATAS – “成功のカギに出会える” 飲食店向け情報プラットフォーム
https://eatas.jp/article/517#h3_2_1

サブスクリプション飲食の嚆矢となるか、favyとフィル・カンパニーの提携 – M&A Online
https://maonline.jp/articles/philcompany20180112

飲食店経営者の方はこちらのコラムもおすすめ!

▼「飲食店の無断キャンセルを無くせ!新しい取り組みや対策」
https://colum.shokujob.com/human_resources/2019/09/7795/

▼「ついに始まる軽減税率とテイクアウト・イートインへの影響」
https://colum.shokujob.com/human_resources/2019/07/6996/

▼「なぜ外国人の行列が絶えない?人気ラーメン店の理由を探る①」
https://colum.shokujob.com/news/2019/08/7522/

PAGE TOP