20190605_01-min

辛すぎる二日酔いの症状を一刻も早く解消する方法

「昨晩ついつい飲みすぎてしまって…。」

気を付けているつもりでも時々なってしまう二日酔い。
吐き気や嘔吐、頭痛、身体のだるさなどがある日には、この世の終わりかと思うくらい最悪の気分になってしまいますよね。

「とりあえず早く楽になりたい!」

最悪の吐き気に頭痛!辛すぎる二日酔いを一刻も早く解消する方法

また、飲食店で夜働いている夜型生活の方の中には、遅くまでお酒を飲んで次の日ひどい二日酔いになってしまった経験のある方も多いはず。今回の食職コラムでは、だる~い二日酔いの原因と症状、そして効果的な対処法をご紹介いたします。

なぜ起こるのか?二日酔いのメカニズムとは

二日酔いの原因はズバリ飲みすぎです。

最悪の吐き気に頭痛!辛すぎる二日酔いを一刻も早く解消する方法

アルコールが代謝されて生成される「アセトアルデヒド」は非常に毒性が強い物質です。過度の飲酒を行うと肝機能が追い付かず、血中のアセトアルデヒドの濃度が高くなるため、その毒性によって胃痛や胃もたれ、胸やけ、吐き気、動悸、頭痛など二日酔いの症状が現れるのです。

早く助けて!二日酔いの特効薬は?

頭痛、吐き気、嘔吐感、脱力感、腹痛、下痢、発汗、過呼吸、手足のむくみ…
二日酔いの日は本当に最悪のコンディション。しかし残念ながら二日酔いの特効薬はなく、体調の回復を待つだけです。でも、もし嘔吐感があれば、吐ききってしまうのが◎。嘔吐や下痢の症状は、体内に不要なものを出そうとする防衛反応なので我慢する方が身体に毒なのです。
でも早く楽になりたいのも事実。回復を助ける対処法をご紹介します。

POINT1:まず水分を補給すること

最悪の吐き気に頭痛!辛すぎる二日酔いを一刻も早く解消する方法

二日酔いの身体は脱水症状を起こしています。まずは水分をたくさん摂って下さい。また、二日酔いの際は低血糖の症状も併発しているため糖分を積極的に摂ることも大切です。飲み物は水分吸収が良く果糖が含まれているスポーツドリンク「ポカリスウェット」や「アクエリアス」や経口補水液がおすすめです。

POINT2:カフェインで追い出して

最悪の吐き気に頭痛!辛すぎる二日酔いを一刻も早く解消する方法

尿をたくさん出して体内のアルコールや有毒物質を追い出してしまうことも効果的だと言われています。全日本コーヒー協会によると新東京病院の顧問清瀬医師が「二日酔いによる頭痛を和らげたいなら、コーヒーを1杯、飲みましょう。」と報告していることが分かっています。コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があるので、吐き気が治まったら試してみてもいいかもしれません。なお、嘔吐を繰り返している最中は胃が荒れる原因、脱水症状を深刻にする恐れがあるので控えましょう。

POINT3:しじみの味噌汁で優しさを

最悪の吐き気に頭痛!辛すぎる二日酔いを一刻も早く解消する方法

しじみに多く含まれるオルニチンは、肝臓の働きを助け、疲労回復に役立ちます。お味噌汁は胃にもやさしく体を温めてくれるので次の日の朝におすすめです。

二日酔いの時にやってはいけないこと

一方でやってはいけないことはあるのでしょうか?
よくある質問の中から2つの注意すべきことをご紹介します。

1:ゼッタイ厳禁、迎え酒

最悪の吐き気に頭痛!辛すぎる二日酔いを一刻も早く解消する方法

毒をもって毒を制す≒酒をもって酒を制す。迎え酒は、絶対にやめましょう。アセトアルデヒドによって自律神経が刺激される二日酔いの症状の中、またアルコールを注入すると、大脳が心地よく麻酔され不快な症状やだるさなどを感じなくなります。しかしこれは単にお酒の酔いで症状麻痺させているだけ。迎え酒は最悪のパターンでアルコール依存症へのスタートラインといっても過言ではありません。

2:薬は飲んでも大丈夫?

最悪の吐き気に頭痛!辛すぎる二日酔いを一刻も早く解消する方法

二日酔いでひどい頭痛の際には「ロキソニン」や「バファリン」など頭痛薬を飲みたくなるもの。しかし、実際のところ各薬品の効能には二日酔いに関するエビデンスは見つかっておりません。ただし対応策としてロキソニンを処方しているクリニックは実在するようです。(https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.com/headache.html)ただし、頭痛薬に含まれる成分はアルコール同様肝臓で分解、代謝されるためアルコールが残っている状態で服用するとさらに身体に負担がかかってしまう恐れがあります。

実際にロキソニンS 12錠 [第1類医薬品]は「肝臓で代謝を受けて効果を発揮する」と言われており、タイレノールA 10錠 [第2類医薬品]小児用バファリンCII 32錠 [第2類医薬品]などは「肝臓で代謝される際に肝毒性のある物質を生むので長期間の連用や普段から肝臓に負担がかかっている人は注意が必要」だとココカラファインの公式ホームページでWEB担当薬剤師のヨッシーさんは述べています。

必ずしも生命にかかわるかは不明ですが、飲まないほうが身体のためかもしれません。

二日酔いを防ぐ方法

お酒を楽しく飲み、二日酔いで後悔しないためには以下のような対策が有効です。

◆空腹でお酒を飲まない

最悪の吐き気に頭痛!辛すぎる二日酔いを一刻も早く解消する方法

空腹時の飲酒は、酔いも早く回ってしまいます。飲酒前や飲酒中にはなにかつまみながら食べることがおすすめです。アルコールを分解するのに役立つ食べ物は、豆腐や枝豆といったタンパク質が豊富な植物性食品。胃腸の粘膜を保護するにはチーズなどの乳製品が効果的です。

◆水(チェイサー/和らぎ水)

最悪の吐き気に頭痛!辛すぎる二日酔いを一刻も早く解消する方法

アルコール度数の高いお酒を飲むと、肝臓や胃腸への負担が強くなります。ウイスキーやブランデーなどをストレートで飲む際には「チェイサー」がおすすめ。チェイサーとは、強いお酒を飲む際に追いかけて飲む水、ノンアルコール、低アルコール飲料のことです。日本酒や焼酎に添える水は「和らぎ水」といって身体への負担を和らげます。

◆ウコンなどの栄養ドリンク

最悪の吐き気に頭痛!辛すぎる二日酔いを一刻も早く解消する方法

また、肝臓の働きを助ける栄養ドリンクは飲酒後よりも飲酒前約30分前に接種することが良いと言われています。「ウコンの力」や「ヘパリーゼ」などが代表的ですが、特にウコンは吸収が遅いと言われているため早めに飲む方がおすすめ。

お酒で失敗してしまった、二日酔いが怖いという方は飲み方や事前の対策などを行うことで
気持ちよくお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

自分に合ったお酒との付き合いを

以上、二日酔いの対処法と予防法をご紹介しました。

お酒ははるか昔から人類に愛され、人付き合いや社交の場、
わたしたちの文化に影響を与えてきた飲み物です。

今でも会食の場で盃を交わすこともあれば、飲食業界で働く人々にとって
飲酒量が多いことや遅い時間まで飲んでしまうパターンも少なくありません。

二日酔いになってしまった際は、まずは適切な対処を行い回復を望みましょう。
そして、次から自身の体質あわせた予防で、うまくお酒と付きあっていってくださいね。

<参考URL>
ASAHI 人とお酒のイイ関係:https://www.asahibeer.co.jp/csr/tekisei/health/social_merit.html
全日本コーヒー協会:http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/health/health_qanda/q-9
KIRIN ビール大学:https://www.kirin.co.jp/entertainment/daigaku/CLB/clb/no12/
明日にサがつく健康情報サイト サワイ健康推進相談課:https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/theme/201412.html
エキサイトニュース:https://www.excite.co.jp/news/article/E1344475759281/
ココカラファイン:https://www.cocokarafine.co.jp/f/dsf_howto201808013017y

PAGE TOP