20190902_00-min

【新店VS老舗】アルバイトするならどっちがおすすめ!?

飲食の求人業界では「オープニングスタッフ」の求人が人気だと言われています。
その理由は、過去のコラム『オープニングスタッフの魅力』でも紹介した通り、新店でのアルバイトは一からお店作りをしていくため基本的なルールを体系化していくスターターとしての期待も高く、[高時給]や[人間関係]の面で働きやすいといった魅力があるからです。

一方で、業務内容がマニュアル化されていないことも多く、必ずしも「新規オープン店」だけが働きやすい環境であるとは限りません。今回のコラムでは新規オープン店に対して、長い歴史と実績を持つ「老舗の飲食店」で働くメリットをご紹介いたします。

◎老舗の飲食店で働くメリットとは?

◎老舗の飲食店で働くメリットとは?

 
「マナーが厳しそう」「上下関係が怖い」など負のイメージが先行してしまいそうな老舗店ですが、十年以上も存続できるお店はたった1割程度しかないと言われる業界で経営をし続けている老舗飲食店には、ここだけのメリットがたくさんあります。

メリット1 一流サービス・マナーを学べる

地域の人に親しまれ愛され続けてきた老舗店は、慶事・法事といったオフィシャルなシーンで使用されることが多いです。ゆえに、接客はもちろん、提供する料理や食材もワンランク上のおもてなしを求められるので、どこへいっても恥ずかしくない一流のサービス・マナーを身に付けることができます。サービスやマナーは、無意識に出ているクセが意外とNGとされることもあり、無意識の行動をたった1日で変えることは難しいもの。また、どんな人と働くかといった周りの環境にも左右されるので早々身につくものではありません。老舗店では多くのエキスパートが揃う職場であるので、自然と一流のマナーやサービスが学べる環境であることが第一のメリットといえるでしょう。

メリット2 高級食材を取り扱える

老舗店の誇りである長年の経営実績は、対企業にとっても信用の高いものとなります。そのため、市場では通常流通していないような高級食材・希少食材を取り扱えるのも、老舗店ならではのメリットです。一般的な居酒屋や和食料理店では見ることのできないような、魚や肉の部位も手に入ることがあります。料理人を目指している方にとって、そういった一級の食材に触れることは、きっとかけがえのない将来の肥やしになるはず。

メリット3 福利厚生が整っていて安定している

長い歴史上で経営をしてきた老舗店には、保険・待遇といった福利厚生が充実している店舗も少なくありません。福利厚生というのは、雇用保険、健康保険、介護保険、労災保険などの「法的福利厚生」や、住宅手当、交通費、家族手当など「法定外福利厚生」が挙げられ、老舗はこういったサポートを完備している場合が比較的多い傾向にあります。初めてアルバイトをする方や、福利厚生を重視したい方にとって、安定した職場環境で働くことができるのは、老舗ならではの魅力だと言えます。

メリット4 既存のマニュアルが整っていて働きやすい

老舗では、キッチン、配膳、ホール、ドリンカーなど各部門の役割分担が決まっていることが多く、マルチタスクが苦手だという方も動きやすい体制が整っています。また利用シーン柄、当日来店というよりも予約で席が埋まることが多いので、仕込みや接客なども段取りがとりやすいという点も。また、長年のノウハウやスキルをしっかり研修してもらえるので初心者でも安心して仕事に取り組めます。従業員の中には、十年間以上働いているベテランスタッフや世代の異なる先輩方もいて、自分だけじゃわからないような接客・調理のスキルやノウハウを直接教えてもらうことができますよ。

メリット5 自分にプライドをもって働ける

歴史と実績のある老舗店は、テレビや雑誌などのメディアで紹介されることもしばしば。知名度が高く「〇〇で働いている」というと、周囲の人から関心されることも少なくありません。老舗では「自分がこの店の歴史を支えている」というプライドを持って働くことができます。ミシュランで高評価を得ているお店もあり市場価値の高いお店で働く誇りと喜びを得られます。

◎老舗での経験は人生の学びにもなる!

◎老舗での経験は人生の学びにもなる!

 
以上、老舗店で働くメリットを5つ紹介しました。昔ながらの飲食店、厳しいイメージもある「老舗」ですが、長年働いているプロのスタッフさんたちから、接客サービスのノウハウや技術を学べるすばらしい職場です。老舗だからこその実績と信頼が培ったチャンスも多く、他店では経験できないような体験や学びに触れる機会もあることがわかりました。また、福利厚生、マニュアル、バックアップ体制も整っているので安心を求める方にもおすすめです。

筆者もかつて山口県で40年以上経営されている老舗のバーで働いていたことがありますが
愛嬌や笑顔だけではなく、ふるまいや細かな気配りからなるワンランク上の接客マナーを学ぶことができたり、歴史も古く価値のあるプレミアムなお酒を扱ったりと非常に貴重な体験をさせてもらうことができました。

当時は、もう何十年も看板を背負ってきた老舗店のママとともに仕事をさせてもらいましたが、仕事上の教えはもちろんのこと、経験豊富なママからは人生のアドバイスもいただくことができました。出来たばかりの新店とはまた違う学びや面白さ、世代を超える人たちとの出会いが老舗の飲食店にはあり、他店とはまた違う視点で飲食業・サービス業の尊さを感じることができましたよ。

ただし例外もあるので注意!

今回はメリットを多数紹介してきましたが、老舗だからと言って全てのお店がメリットに当てはまるとは限りません。特に「既存のマニュアルが整っていて働きやすい」という点に関して、店によっては逆にマニュアルがないというパターンもあります。昔ながらの割烹料理、寿司屋、日本料理店などでは『技術は見て学べ』という古くからの仕来りがあるのも一つの例です。不安な場合は面接の際に直に聞いてみるのもいいかもしれません。

以上、【新店VS老舗】アルバイトするならどっちがおすすめ!?でした。今回のコラムで「老舗飲食店」が気になるなと思った方は、ぜひ新しい老舗店でのアルバイトに挑戦してみてはいかがでしょうか?食職コラムの運営元、求人サイト食ジョブでは、関西の飲食店の求人情報を多数掲載中。働きやすい老舗飲食店の情報もありますのでぜひチェックしてみてくださいね。

★老舗の求人情報一覧はこちら

PAGE TOP