20190830_ア

タピオカに続け!次世代ブームを担うドリンクを予想してみた

女性に人気のタピオカブーム!
関西・関東を問わず、全国でたくさんのお店が登場しています。

またタピオカドリンクもミルクティーだけでなくフルーツジュースなどなど、フレーバーも多種多様になっています。

そんなタピオカドリンクブームですが、ブームはいつか熱が冷めてしまうもの。
スイーツ好きな人やトレンドに敏感な人たちは、次に流行しそうなドリンクブームの予想も始まっているんですよ。

そこで今回は、タピオカに続くかもしれない次世代のオシャレで美味しいドリンクたちを調査してみました!

●目次
まだまだ熱が冷めぬタピオカドリンクブーム
タピオカドリンクは進化している
タピオカドリンクの次に流行るドリンクを大予想!
  チーズティー
  わらび餅入り日本茶ミルクティー
  バナナジュース
次世代ドリンクブームを仕掛けよう!

●まだまだ熱が冷めぬタピオカドリンクブーム

まだまだ熱が冷めぬタピオカドリンクブーム

 
まだまだ勢いの衰えない日本のタピオカドリンクブーム。

Instagramなどを覗いてみても、オシャレなタピオカミルクティーやタピオカジュースを投稿する女性はまだまだたくさん見かけます。

またハッシュタグでは「#タピる」などの新しい言葉も生まれ、女子中高生向けのマーケティング支援などを手がける「AMF」が発表した『2018年のJC・JK流行語大賞』にもノミネートされていました(出典:AMF公式Twitter https://twitter.com/AMF_mg

ちなみに、タピオカが日本でブームになったのは今が初めてではないのです。

初めて日本でタピオカブームが起こったのは1992年にと言われており、その後2回目のタピオカブームが2008年にも起こっています。

そして2018年から2019年の現在にかけて起こっているタピオカブームは、最初のブームから数えて3回目と言われています。

意外にもタピオカは、日本で何度も旋風を巻き起こしていたんですね。

●タピオカドリンクは進化している

タピオカドリンクは進化している

 
タピオカドリンクの代表といえばやっぱりタピオカミルクティー。

もともとはお茶好きの国としても有名な台湾で生まれた飲み物であり、それが日本に上陸してブームを起こしました。

有名なお店は台湾で45店舗を展開するお茶専門カフェの「春水堂(チュンスイタン)」ですね。日本でも東京・大阪・福岡など、全国に店舗を展開しています。

ただ最近ではタピオカドリンク専門店の数が爆発的に増えてきたため、タピオカドリンク自体が当たり前のものとなってきてしまいました。

そんな中、今までの概念を覆すような進化系タピオカも登場しています。

例えばこちら。
かき氷スイーツなどとコラボした「タピオカスイーツ」。

さらには、見た目の派手さや可愛さに特化させて進化した「わたあめタピオカミルクティー」などなど。

このように、スイーツやドリンクなど様々な進化系タピオカが登場しているのですね。

●タピオカドリンクの次に流行るドリンクを大予想!

タピオカドリンクのさらなる進化も楽しみですが、飲食店や飲食業界の方々が気になるのは次世代ドリンクブームではないでしょうか。

Instagramなどを覗いてみると、新しいドリンクブームがどんどん登場しています。

話題となりつつあるドリンクの情報を知っておけば、新しいブームの兆しをいち早くキャッチできるかもしれません。

というわけでここからは、筆者が予想する次世代ドリンクブームをご紹介したいと思います!実際にお店に行って、その味も確かめてきましたよ!

◆チーズティー

チーズティーはタピオカドリンクと同じく台湾で誕生したもの、

お茶の部分はほうじ茶・玄米茶などをベースにして、塩味の強いチーズクリームをのせた2層ドリンク。味もさることながら、見た目が華やかというところも話題になっています。

関西では、大阪の難波にあるチーズティー専門店「この世界観」で頂くことができます。

タピオカミルクティーなどとはまた異なる濃厚な味わい!
チーズクリームのまったり感がクセになりそう!

◆わらび餅入り日本茶ミルクティー

チーズティーと同じく東京の新宿に出店した日本茶ミルクティー専門店「OCHABA(オチャバ)」。

こちらドリンクには、タピオカの代わりにわらび餅を入れてより日本人向けのドリンクにカスタマイズしたもの。

黒蜜入りわらび餅はタピオカよりも柔らかく、さらにモチモチした食感が魅力的。

日本茶との相性も抜群で、静岡県産の茶葉を使用したオリジナルブレンドティーにもこだわりが光ります。

関西では、2019年7月に大阪のなんばCITYにもOCHABA(オチャバ)が出店。
緑茶、ほうじ茶、玄米茶などから味を選ぶことができ、日本独自のミルクティーを味わうことができますよ。

日本人が昔から愛する日本茶にわらび餅を組み合わせた「わらび餅入り日本茶ミルクティー」は、これからさらに大流行するかもしれません!

◆バナナジュース

最近テレビでも話題となっているバナナジュース専門店!
こちらもタピオカドリンクの次にブームとなると予想されています。

さきほどご紹介したドリンクと違うのは、栄養面でもおすすめできるというところ。
吸収率が良いので朝食代わりに飲むのも最適です。

東京では続々とバナナジュース専門店がオープンしていますが、関西でも大阪の高槻にバナナジュース専門店「クラムスバナナ」がオープンしています。

●次世代ドリンクブームを仕掛けよう

タピオカドリンクのブームはまだまだ続きそうですが、その後釜を狙う次世代ドリンクたちも続々と登場し始めています。

今回紹介した美味しそうなドリンクは、これからSNSなどでもっと投稿されていくかもしれません。

女性たちがどんなドリンクに注目しているのかを分析しながら、新しいドリンクブームを先取りしてみてはいかがでしょうか!

■参考URL
タピオカドリンク大戦争 コーヒーに飽きた人から支持:日経クロストレンド
https://xtrend.nikkei.com/atcl/trn/pickup/15/1008498/073101399/

進化し続けるタピオカに女子高生は夢中! | 2019年1月に注目するモノ | チームシンデレラプロジェクト
http://cinderella.mmproducts.co.jp/archives/826

タピオカ茶「大阪に原点」台湾・春水堂創業者(日経MJ) :日本経済新聞
飲食店経営者の方はこちらのコラムもおすすめ!
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47622630S9A720C1H11A00/

飲食店経営者の方はこちらのコラムもおすすめ!
▼「タピオカドリンクが巷で大人気の理由を徹底解明!」
https://colum.shokujob.com/news/2019/06/6435/

▼「ドーナツ屋に学ぶ、ブームが去っても逆転できる店(前編)」
https://colum.shokujob.com/store_operation/2019/01/5036/

▼「「平成」最後の冬に流行グルメを振り返る![1989年~2018年]」
https://colum.shokujob.com/news/2018/12/4981/

PAGE TOP