飲食バイトに慣れるまで辛いのは1週間説って本当?どれくらいの期間か検証

「飲食バイトが辛い…始めたばかりなのに、ちょっと辞めたいかも」
「バイトの出勤前には、憂鬱になって行く気が起こらない」
「なかなか慣れなくて、緊張の連続。いつまで続くのだろう」

とくに始めたばかりの頃は、慣れるまでが大変なんです。
仕事も人間関係も、いろいろと・・・。

バイトに慣れるまでには、どれくらいかかるのでしょうか。

一般的には、1週間くらいが目安と言われています。遅くとも1か月あれば、基本的な仕事は覚えられるでしょう。しかし、どんなお店で、どういった仕事をするかによって、差はあります。

じゃあ、いつまで辛抱すればいいのかって話ですが

●慣れるまでに何にどれだけ時間がかかるのか

●なぜ慣れないのか、辛い理由は何か

を知ることで、苦しい状況から抜け出せます。

今回は、このポイントを具体的に説明していきます。飲食バイトが「きつい」「辛い」と感じている人、これから働きたいけど不安がある人は、ぜひお役立てください。

解決を急ぐ人は、バイト探しで「向いている職種」を選ぶことをおすすめします。自分に合った仕事なら、時間は要しません。しかし、どんなに辛い仕事でも、慣れてくるとメリットの方が大きくなります。

●最初を乗り越えればコスパがいい

●慣れてくると楽しくなる

この分岐点を越えるまでは、きついかもしれません。ただし、割に合わないと早急に判断する前に、できることがあるはずです。いち早く仕事で活躍するためにも、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

\飲食店の求人情報が満載/▷『食ジョブ』でバイトを探す(※登録無料)

●目次

●バイトに慣れるまで1週間説は本当?

バイトに慣れるまで1週間説は本当?

①基本的な仕事内容を覚えるまでの期間

飲食系のバイトに慣れるまでは、1週間が目安と言われています。
これは業務内容に慣れるまでの期間です。

開店準備から営業中の接客・調理、閉店作業まで、1日の業務においてやるべき仕事を習得できるようになるまでの時間です。

入りたてのアルバイトであれば、すべての業務内容を覚える必要はありません。初めに覚えるべき内容が決められていますし、バイト先によってはマニュアルが用意されています。

もし1週間連続でシフトに入って、覚えのいい人であれば、無理なく習得できる内容です。
例えば、以下のようなスケジュールです。

【1日目】
先輩スタッフに、一連の作業を教わる。見様見まねで、やれることは実行する。
【2~3日目】
先輩スタッフにサポートしもらいながら、1日目に教わった業務を行う。
【4~5日目】
1人で業務をやりながら、わからないことを随時、先輩スタッフに教わる。
【6~7日目】
基本的には1人で業務を行いながら、新しい仕事を覚えたり、メニューの知識を身につけたりしていく。

しかし、1週間連続でシフトに入れない人もいるでしょう。

次の出勤日までに、2~3週間空いてしまうと、教えてもらったことが記憶に残りません。メモをしていても、マニュアルに書かれていても、思い出せないことはしばしば。

またメニュー数が多かったり、業務内容が難しかったりすると、時間がかかるのは仕方ないでしょう。

したがって、1週間よりも時間がかかってしまうことの方が多いかもしれません。飲食バイトが未経験の人や、覚えるのが苦手だという人もいるので、1週間~1か月までは慣れるまでの期間として考えておきましょう。

つまり基本的な仕事を覚えるまでの期間は、どうしても慣れなくて辛い日々が続いてしまうということですね。

②どうしても慣れないこともある

辛いのは、基本的な仕事に慣れるまでの期間だけではありません。最初に覚えるべきことをクリアしても、飲食バイトでは慣れないことが出てきます。

例えば、以下のような辛いポイントが挙げられます。

●人見知りで毎回緊張する。
●先輩スタッフとの人間関係がうまくいかない。
●お客様への接客が思うようにできない。
●業務そもそもがハードすぎる。
●店長が厳しくて、ちょっとしたミスでも怒られる。
●忙しくなると焦って失敗する。
●クレームを受けて、それがトラウマになっている。

こういった問題があると、慣れるまでに時間がかかります。

慣れないと、辛い・きついと感じやすくなり、場合によっては辞めたいと思うことがあるかもしれません。

実際に、飲食バイトには楽しい仕事でありながら、ハードな一面もあります。例えば、3K(怖い・汚い・臭い)問題や、スタッフとの人間関係問題が挙げられます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。解決のヒントも紹介しています。

☑居酒屋のバイトの3K、怖い・汚い・臭いは本当なのか?

基本的な仕事に慣れるまでは、1週間~1か月。

しかし、それ以外でネックになることは、解決まで辛い状況は続くと思ってください。どれくらいの期間かは限定できません。

●飲食バイトがきつい3つの理由

①最初はとにかく忙しい

なぜ飲食バイトは、基本的な仕事に慣れるまでが辛いのでしょうか。それは仕事を覚えきっていないうちに、一人前の動きを求められるからです。

お客様は待ってくれません。あなたがバイト初日でも関係はありません。とくに初出勤日、マニュアルを覚えるまでは辛いし、かなり忙しいと感じるでしょう。

「包丁の持ち方を覚えたばかりでキャベツの千切りを10玉頼まれる」

「料理の名前も覚えていないのにお客様にたくさんの料理名を言われてしまい、厨房に戻るまでにまたお客様に呼び止められてしまう」

などなど。

実際に、最初の数日で辞めてしまう人もいます。バイト初日~数字を乗り切るコツはこちらをご覧ください。

☑「バイトが怖い」から卒業するには?面接・初出勤・辞める前に知りたい対策

例外として、お客様も店員も少ない小さなお店の場合、バイト初日でもゆったり勤務できることがあるようです。

1日の来店人数を限定している個人経営のお店は狙い目です。

②少し慣れてくると単調と感じる人も

飲食バイトに慣れてきても、仕事が単調すぎると辛いものがあります。

例えば人と接することが好きな人がキッチン(厨房)のバイトをすると、単調できついと感じるようです。シャイな人にとっては淡々として楽だと感じられる作業も、人と話したいタイプの人にとっては苦行です。

筆者の友人にも飲食業界で働いていた人がいるのですが、「ずっとお米を炊かされて辛いし、飽きた」「食器洗いだけがうまくなっていく」など、同じ作業の繰り返しがきついと愚痴っていました。

ルーティンワークや繰り返しの仕事が好きですか?それとも新しい体験や刺激がある仕事が好きですか?慣れてきても、自分に合った働き方ができなければ辛くなるのも仕方ありません。

③人間関係の悩みはどうすべき?

基本的な仕事やマニュアルを覚えられても、人間関係に慣れない場合はどうすべきでしょうか。

お客様との会話が弾まなかったり、先輩スタッフとのコミュニケーションがうまくいかなかったり・・・人間関係の悩みは最大のネックとなります。いくら仕事内容が楽しくても、こればかりは慣れないものです。

人間関係が辛い場合、解決手段は2つしかありません。克服するか、もしくは辞めるか(職場を変える)です。克服するためには、さまざまなアプローチ方法があります。

食ジョブコラムでも人間関係の問題を解決するヒントを紹介していますので、ぜひお役立てください。

●じゃあなんで飲食バイトをするの?

じゃあなんで飲食のバイトをするの

飲食のバイトといえば「まかないが美味しい」「食費が浮く」「お客さんに喜んでもらえる」「給与が高い」などのメリットがあげられますが、それだけでは割に合わないのでは?と思う人もいるでしょう。

食ジョブ事務局のライターが考える、本当のメリットはこの2つです。

①最初を乗り越えればコスパがいいから

飲食のバイトは慣れると楽になってくるので、意外とコスパがいいといえます。

どんどん新しい作業を覚えていくようなバイトと違って、体にルーティーンが染み込んでくると、無意識に動けるようになるからです。楽になっていくのにお給料は上がっていく。この好循環は飲食業界ならでは。

もちろん新しいメニューや調理方法など覚えることはありますが、自然な習慣になった行動の中でたまに新しいことが入ってきても、きついとは思いませんよね。

勉強など頭を使うことの息抜きとして、バイトをうまく活用している人もいます。長い目で見れば、他のバイトよりコスパがいい。これは飲食のバイトを続けた人にしかわからない隠れた真実です。

②慣れてくると楽しくなるから

飲食系のバイトはマニュアルを覚えてからが本番。

目の前のことに必死になっていた時期が過ぎると、視野が広がって、店全体を見る余裕が持てるようになります。

そうすると、店にとって必要な動きができるようになります。今あのテーブルのお客様に水を入れに行こうとか、今のうちに他の仕込みを準備しておこうとか。

マニュアル以上のことができるようになってくると、あなたの評価が上がり、時給アップにつながります。

評価されるまでが早いことも飲食店のバイトを続けるモチベーションになっているようです。

前述した筆者の友人も、「お米がうまく炊けるようになったら、メインメニューを任された!」と私に報告してきたことがありました。(その後、彼はさまざまなメニューを作れる料理男子に成長しました。)

飲食業でバイトをするメリットについての記事はこちらをご覧ください。

☑アルバイトを始めるなら飲食!おすすめの理由は2つの魅力

●飲食バイトで大切なのは“早く慣れる職種”を選ぶこと

飲食バイトで大切なのは早く慣れる職種を選ぶこと

きつい・辛い時期を乗り切るためには、早く慣れることが大切。

好きこそものの上手なれというように、向いている職種を選ぶと慣れるのも早くなります。1日で慣れる人もいれば、1カ月かかっても慣れない人もいます。

慣れない人は「自分の能力がないせいだ」と思ってしまいがちですが、実際には適材適所のポジションについていないだけということが多いのです。

時給や場所だけでバイトを選ぶのではなく、今一度自分に問いかけてみてください。

「あなたはシャイですか?それとも、人とたくさん話したいほうですか?」
「コツコツする仕事が好きですか?自分らしさを出せる仕事が好きですか?」

飲食バイトが「楽しい」か「辛い」かは、慣れるまで続けたかどうかが分かれ目です。まずは慣れるまで続けやすい、自分に合った求人を探すことから始めてみましょう。

ホールの仕事、キッチンの仕事。店の規模、種類。探す条件はいろいろあります。飲食店に特化した求人サイト「食ジョブ」では、楽しくバイトができる求人を豊富に掲載しています。

スカウト機能やマイ履歴書機能など、バイト応募に便利な機能が満載なので、ぜひお役立てください。

➽会員登録はこちら

今のバイトが辛い方はこちらのコラムもおすすめ!

▼精神的に楽なバイトをランキングで発表!

▼楽に働けるバイトをランキング(高校生・大学生・フリーター・主婦別)で発表!

▼バイト初日を乗り切るためのヒントは?緊張しないコツを紹介

\飲食店の求人情報が満載/▷『食ジョブ』でバイトを探す

PAGE TOP