4537991_s

バイト面接でズレた「逆質問」はしないで!面接官の心をつかむ回答ワザ

「何か質問はありますか?」という、バイト・パート面接の最後に必ず聞かれる言葉。
一般的に「逆質問」と呼ばれています。

何か聞かないと落とされるかもしれないし、かと言って、とっさに何を聞いていいかもわからない。ズレた質問をしても不採用になるかもしれないし…。

たしかに「逆質問」は苦戦しますよね。
でも「逆質問」をうまく活かして、好印象を与えられる方法があればどうでしょうか?

面接でうまく喋れなくても、失敗を挽回するチャンスになります。そこで今回は、ただ質問をするだけでなく、面接官の心をつかんで、採用される確率も上がる逆質問のコツを伝授します!

3ステップにわかりやすくまとめました。実際に使える逆質問の例や、正しい面接の終わり方、面接の最後に好印象を残せるポイントもご紹介。

逆質問に不安がある方、面接に慣れていない高校生・大学生は必見です!

●目次

「逆質問」とは

「逆質問」とは

 
「逆質問」とは、飲食店のバイト・パートの面接を受ける際、最後に聞かれる質問です。

この「逆質問」は、ズバリ「応募者が質問できる大切な機会」なんです。

面接は、おもに全編を通して面接官主導で進みます。しかし、逆質問では応募者が面接官に聞きたいことを自由に聞くことができる、いわば唯一のチャンスだと言えるのです。
居酒屋やカフェなど、多くの飲食店では、この逆質問がよく行われています。
具体的には、以下のような聞かれ方がよくあります。

「最後に質問はありますか?」
「仕事やシフトのことで、聞いておきたいことはありますか?」
「何かわからないことはありますか?」

 
すべての面接で聞かれるわけではありません。また、逆質問がないからと言って不採用になるわけでもありません。

しかし、たとえ面接官から聞かれなかったとしても、なるべく「質問があるのですが、いいですか?」と自分から聞くようにしてください。

なぜなら、逆質問はあなたの印象をアップさせる効果があるからです。

お店や働き方に質問があるということは、きちんとそのバイトのことを知って面接に臨んでいるということ。

「それだけ働く意欲があるんだな」「うちのお店に興味があるんだな」と好印象を与えられるポイントでもあるのです。

でも「どんな質問をしたらいいのかわからない…」「関係のないことを聞いて相手を不快にさせてしまうかも」など、慣れるまではなかなか不安もありますよね。

そこで今回は、逆質問を攻略して面接に受かる確率をUPする方法を伝授します!
なかなか難しい、面接の終わり方も一緒にご紹介します。

飲食店バイトの面接を控えている高校生・大学生はぜひ参考にしてくださいね。

 

「逆質問」を攻略するたった1つの方法

●●●●(中見出し)

 
「逆質問」が大切だということはお伝えしました。

しかし、はじめて飲食店のバイト面接を受ける高校生・大学生や、久しぶりにパートとして社会復帰をする主婦・主夫の方にとって、逆質問はなかなか難しいですよね。

そこでご紹介したいのが、逆質問の攻略法です。
今回目指すのは、逆質問をすることで好印象を与え、採用される確率をアップさせること。

じつは、好印象の作り方はとっても簡単なんです。
一番大切なのは、「ポジティブな質問」をすること。

例えば、飲食店の仕事内容やシフトについて積極的な姿勢を示すような質問です。

「働き始める前に、勉強しておくといいことはありますか?」
「できるだけシフトに入りたいと思っているのですが、お店の繁忙期などはありますか?」

 
など、面接官が「この人は働く意欲があるな」「積極的に働きたいと思っているんだな」「この人は働く意欲があるな」「積極的に働きたいと思っているんだな」心理学の面でも有効だと言うことがわかっています。

最後良ければすべて良しという言葉がありますが、心理学では「人の印象は最後に与えられた情報で決定される」という効果が実証されています。これを「親近効果」と言います。アメリカの心理学者N・H・アンダーソン氏によって提唱されました。残存効果とも呼ばれていて、自分の印象を相手に強く残したい時は、最後が重要であるという考え方です。

つまり、「うまく言えなかった」「ミスしてしまった」と思っていても、最後に好印象を残せれば受かる確率が上がるということ。終わり方が重要なんですね。

逆質問は、面接中の失敗を挽回できるチャンスでもあります。

面接全体を通して言えば、最初は緊張してうまく答えられなかったとしても、徐々に慣れてきて最後にいい質問ができれば好印象を残せるということです。

では、具体的にどのように好印象を残せるのか、詳しくご紹介していきましょう!

最後に好印象を残すための3ステップ

最後に好印象を残すための3ステップ

 
では、どうやったら最後に好印象を残すことができるんでしょうか。
3ステップで解説します!

【ステップ①】
~面接は逆質問の材料を集める場だと思おう~
アルバイトの面接は「自分をアピールしよう!」と頑張ってしまうと、いい所を見せようと前のめりになり、緊張してしまいます。このような状態では、自分らしさを発揮できません。

面接は、あくまで等身大の自分を伝えることが大事。客観的な目線で、落ち着いて質問に答えるようにしましょう。しかし、緊張しているとなかなかそこまで客観的になれませんよね。緊張しがちな人は、あらかじめ面接の練習をしておくといいでしょう。

面接で緊張しないように、「怖い」という気持ちの克服方法をまとめました。
ぜひ確認してみてくださいね。

👉「バイト・面接が怖い」を克服する方法

また、目の前のことにいっぱいいっぱいになるのではなく、「最後の逆質問で聞きたい情報を集めている場」だと思うことも、落ち着いて面接を受けられるコツのひとつです。

例えば、質問から逆質問を考える例はこのようなものがあります。
カフェや居酒屋など、飲食店バイトの場合でご紹介しますね。

・「週にどれくらいシフトに入れますか?」という質問
(逆質問の例)
→「バイト1年目の人は、シフトはどの程度入っていますか?」
→「たくさんシフトに入りたいのですが、特に入りやすい曜日や時間帯はありますか?」

・「接客の経験はありますか?」という質問
(逆質問の例)
→「お年寄りがたくさん来られるお店の接客の経験があるのですが、お店ではどのような年齢層のお客様が多いですか?」
→「接客の経験がないのですが、働き始める前に勉強しておいた方がいいことはありますか?」

 
質問にただ一生懸命答えるのではなく、このように「この質問には後でこんな風に逆質問してみよう…」と考えながら受けると、少し肩の力が抜けてきますよ。

【ステップ②】
~気になる情報をピックアップしていこう~
飲食店の面接では、面接官の方がお店や仕事のことなどを説明してくださいます。実際に自分が働く姿をイメージをしながら、気になることをピックアップしていきましょう。

必要であれば、メモをとって構いません。その際は、面接官に「メモをとりたいのですが、いいですか?」と一言伝えるようにしましょう。できれば、スマホでなくメモ帳にとるのが無難です。

例えば「家族連れのお客様が多い」「土日よりも金曜日の夜が一番忙しい」などの気になる情報があった場合、このような逆質問ができます。

・「家族連れのお客様が多い」

(逆質問の例)
→「家族連れのお客様が多いとのことでしたが、接客で特に気をつける部分などはありますか?」
→「家族連れのお客様のために、お店ではどんな工夫をされていますか?」

・「土日よりも金曜日の夜が一番忙しい」
(逆質問の例)
→「金曜日の夜が一番忙しいとのことでしたが、何時頃が特にピークですか?」
→「ピーク時に働く際に心掛けておくべきことがあれば教えてください」

 
【ステップ③】
~質問を通してアピールしよう~
先ほどピックアップした気になる情報をもとに質問を作る際、ただ質問するだけでなく、自分をアピールする質問にできれば更にいいでしょう。

ポイントは、自分のスキルや経験、シフトに関係することなどを織り交ぜること。前向きな質問が良いでしょう。

例えば、先程の質問に+αするのであれば、このような逆質問になります。

・「家族連れのお客様が多いということでしたが、、以前のバイトでもお子様連れのお客様が中心だったので慣れています。しかし仕事のやり方などは違うと思いますので、お子様への対応で事前に注意しておくことはありますか?」
・「先ほどは週3日の勤務希望をお伝えしました。その中でも金曜日にできるだけシフトに入って早く仕事を覚えたいのですが、シフト希望はどのタイミングで提出しますか?」

 
このように、飲食店で働きたい旨やアピールポイントを織り交ぜると、印象がアップしますよ。
高校生・大学生でも「しっかりしているんだな」と思わせることができます。

逆質問Q&A

逆質問Q&A

 
ここからは、逆質問についてよくある質問を、Q&A形式でご紹介します。
ぜひ面接前の参考にしてみて下さいね。

【逆質問のQ&A】

Q 逆質問は、何個すべきですか?
A いくつまでという決まりはありません。1~2個、多くても2~3個が一般的です。逆質問は、多ければいいというわけではありません。知りたいことをコンパクトにまとめて質問しましょう。
 
Q 「最後に質問はありますか?」に「ないです」と答えるのはダメですか?
A 結論から言えば、ダメではありません。なければないで大丈夫ですし、ないからと言って落ちるわけではありません。ただし「ない」理由を伝えれば丁寧です。例えば、「わかりやすく説明して頂いたので、気になることはありません。シフトのことでお伺いしたかったのですが、その内容も先ほど教えて頂けました」などがいいでしょう。
 
Q 質問しておくべきことはありますか?
A とくにありません。しかしバイト・パート・新卒・転職において、「労働条件」に関する説明が一切なかった場合、雇用契約を締結する前にきちんと確認
はしておきましょう。例えば、「バイトでも有給は取れますか?」や「残業手当は付きますか?」など。
ミスマッチを事前に防ぐためには必要なことです。ただし給与や労働時間ばかり質問をするのは、イメージダウンになるので気をつけましょう。
 

 
逆質問には、「こうしなければならない」という明確な決まりはありません。
無理をしない程度で、聞いておきたい部分を補う気持ちで臨みましょう。

最後が肝心なら、最後の挨拶も重要です

最後が肝心なら、最後の挨拶も重要です

 
これまで、面接の印象をアップするための逆質問の方法について話しました。
しかし、逆質問がうまくできても、安心するのはまだ早いです。
最後の挨拶で失敗しては元も子もありません。実は、面接で最も重要なのが「終わり方」。
面接は、退室・去り際の挨拶が大切なのです。
最後に、面接を好印象で終わらせるための立ち去り方をご紹介します!

【面接の立ち去り方】
1.丁寧にお礼を言う
「本日はお時間いただきありがとうございました」とお礼を言って、立ち上がりましょう。この時、イスを引くことを忘れずにしましょう。しっかり相手の目を見てお礼を言うことが大切です。

2.お辞儀をする
ドアやエレベーターの前でお辞儀をし、改めてお礼を言いましょう。お辞儀は頭だけではなく、しっかりと腰から曲げて行います。エレベーターの場合は扉が閉まり切るまでお辞儀を続けます。ドアは自分で静かに閉めましょう。

(綺麗なお辞儀のコツ)

  1. ①足をそろえて真っ直ぐに立つ
  2. ②足の付け根から前に傾していく
  3. ③上半身はぶれないようにする

お辞儀をし終わって、頭を上げる時はゆっくりを意識するとより綺麗に見えますよ。

 
面接慣れしていない高校生・大学生でも、基本的なマナーはきちんと行いたいところ。
最後までしっかりと気を抜かず、面接を終えましょう。
美しい終わり方で、面接官に好印象を与えたいですね。

さて今回は、バイト・パート面接の「逆質問」で、採用される確率をアップする方法についてご紹介しました。

最後に、内容をまとめておきます。

・「逆質問」とは
→バイト面接の最後に面接官から聞かれる「何か質問はありませんか?」という質問のこと。質問次第で面接に受かる確率がぐんとアップする。
・「逆質問」を攻略するたった1つの方法
→好印象を与えるために、前向きな質問をする。
・最後に好印象を残すための3ステップ
 →面接は逆質問の材料を集める場だと思おう!
  気になる情報をピックアップしていこう!
  質問を通してアピールしよう!

 
このように、逆質問は最初は緊張するかもしれませんが、攻略すれば受かる確率があがる優れもの。

終わり方まできちんと意識すれば、面接官にいい印象を与えられます。
逆質問を上手に使って、自分に合ったバイトに受かるよう応援しています!

飲食店バイトを検討中の方はこちらのコラムもおすすめ!

▼バイト面接、受かる確率をアップさせる髪型まとめ

▼持ち物不要でも注意!面接に持って行くものをチェック

▼面接に落ちる理由はたった3つ!見落としがちなミスを防ごう

求人情報は溢れているのに、自分に合ったバイトが見つからない・・・

バイト情報の中から、自分に合った求人を探すのはひと苦労。
ピンとくる求人が見つからないなら、探し方を変えませんか?

大阪・京都・神戸で飲食店の仕事探しをするなら、関西に特化したグルメ求人サイト「食ジョブ」が便利です。「検索から応募まで楽にできる」「情報が豊富で安心できる」と好評を頂いております。

☞『食ジョブ』でバイト検索する(関西の厳選求人をチェック!)

<バイト探しで「食ジョブ」が選ばれる理由>
■全国の幅広い求人ではなく「関西の飲食店求人」だけを掲載!
■他サイトには掲載されていないお店情報が満載
■「飲食店特化」の検索機能が充実
→「関西」で「飲食店」の仕事を探している人には、抜群の使いやすさです!

さらに会員限定で、こんな特典も。
■気になるお店に「アピール」できる機能!
■企業・お店からのアナタに「スカウト」が届く機能!
「マイ履歴書」機能で、わざわざ書く手間が省ける!

☞バイト探しに便利な機能をチェックする

面倒だったバイト探しが、「食ジョブ」で楽々できるようになります。
高校生・大学生の初バイトや、経験・スキルを活かした転職活動にもピッタリ。
好きな仕事を見つけて、おこづかい稼ぎやステップアップをしませんか?

    \1分でラクラク/
»無料で「食ジョブ」に登録をする

※会員登録をしなくても、求人検索・応募は可能です。
※新着情報は人気が集まります。すぐに募集が終わってしまうこともあるので、興味のある求人は早めのご応募をオススメします。

PAGE TOP