バイト先で付き合うまでの期間は「3ヶ月」がベスト⁉恋が成就するカギは?

バイト先で気になる相手がいたり、タイプの人がいても、
いつ告白すべきかわからなかったり、なかなか踏み出せなかったり……。

勇気が出なくて、結局ずるずると時間が経ってしまっていませんか?
それって、すごくもったいないこと。

なぜなら、告白が一番うまくいくのは、出会って3ヶ月以内だからです!3ヵ月には、心理学的な根拠があるので、しっかり解説していきますね。さらに1年を越えてしまうと、失敗する確率は45.83%になります。まさに恋はスピード勝負です。

しかし、3ヵ月以内でも、なにも準備しなければ恋は成就しません。付き合うまで・告白するまでの期間に、「3つのING」を起こすことで、うまくいきやすくなります。

  • ・フィーリング(Feeling)
  • ・ハプニング(Happening)
  • ・タイミング(Timing)

のことなんですが、具体的な内容やバイト先でできる方法を、今回は紹介していきます。ほかにもバイト先での恋愛がうまくために、付き合うための方法をまとめているので、チェックしてみてください。

【バイト先での恋愛】年下男子・女子への好きから両想いを叶えるアプローチ
バイトで「恋愛」が成功する黄金パターン!今恋がしたい高校生・大学生向け
バイト恋愛のきっかけは?恋に落ちる&仲良くなる鉄板パターン7選

飲食店の求人情報が満載!!
▷『食ジョブ』でバイト探しをする(登録無料)

●目次

付き合うまでのベストな期間は3ヶ月以内!

付き合うまでのベストな期間は3ヶ月以内!

告白経験のある大学生の男女233人を調査した論文で、以下のようなデータが出ています。

<告白にかかった期間と成功率>

●3か月未満……35.04%

●3ヶ月~半年……19.71%

●半年~1年……15.33%

●1年以上……29.93%

<告白にかかった期間と失敗率>

●3か月未満……11.46%

●3ヶ月~半年……17.71%

●半年~1年……25.00%

●1年以上……45.83%

このデータからわかるのは・・・

□ 3か月未満で告白した人の成功率が一番高いこと。
□ 告白まで時間がかかるほど失敗率が上がっているとこと。

時間が経過すると、成功率はどんどん下がるばかり。
1年以上かけても成功率は上がらないのです。

バイトで出会ってから3か月って、あっという間ですよね。

新人側の立場なら、仕事を覚えて、研修が終わって、やっと一人前に仕事を楽しめるようになってきた時期だと思います。

あなたが先輩側の立場なら、新人がちょうどバイト先になじんだくらいの時期。

教えることも減って、気軽に雑談をするようになり、相手がどんな人なのか分かってくる頃ですね。

このあっという間の3か月の間が、最大のチャンス期間です。

その事実を知っている人と知らない人では、恋愛面で大きな差ができます。

バイト先に気になる人がいるなら、「まだ告白は早いかも?」と先延ばしにするのはやめましょう。

同じシフトの時間を増やし、距離を縮めていくのがおすすめです。

【参考:小島奈々恵・大田麻琴・高本雪子・深田博己「恋愛における告白の成功・失敗の規定因」|広島大学心理学研究 第6号 2006

なぜ告白は3ヶ月以内がベストなのか?

なぜ告白は3ヶ月以内がベストなのか?

付き合うまでの期間は、統計的に出会いから3ヶ月以内がベストとわかりました。

次に、なぜ「3ヶ月以内」に告白した人の成功率が圧倒的に高いのか考えてみましょう。

考えられる理由は3つあります。

1. スリーセット理論
2. 成功データの特殊性
3. 現状維持バイアス
それぞれの理由を具体的に見ていきましょう。

①スリーセット理論

スリーセット理論とは「人の印象は3回会うと固定される」という心理です。

第一印象がその後も影響するという「初頭効果」は有名ですが、実は第一印象だけではありません。

第一印象+第二印象+第三印象=ずっと固定される印象となります。それ以上時間をかけても大きく動くことはありません。

つまり、相手の中で恋愛対象として「アリ」か「ナシ」かは、早い段階で結論が出ていることになります。

そのため、3か月で良い雰囲気になっていなければ、時間をかけても関係が変わる可能性は低いと考えられます。

②成功データの特殊性

①で説明した通り、3回目で相手の印象はすでに固定されています。

3ヶ月以内に告白をした人のグループの中には、早期に「告白したらOKをもらえそう」と判断した人が多く含まれていると考えられます。

すでに初対面~3回目で、お互い「アリ」な雰囲気なら、告白は先延ばしにならないですよね。

だから、結果として3ヶ月以内の成功率の数値が高くなっている、とも考えられます。

※補足
2006年の研究でも、以下のように言及されています。

「告白成功したケースでは総じて、知り合ってから3ヶ月未満の間に告白」
「その間、相手と二人きりになる行動やイベント(食事に行くなど)も経験していた」
「つまり、ある程度相手が自分に好意を向けているとわかる状況であったと言える」

【参考:小島奈々恵・大田麻琴・高本雪子・深田博己「恋愛における告白の成功・失敗の規定因」|広島大学心理学研究 第6号 2006

③現状維持バイアス

現状維持バイアスは、人間が変化や未知のものを避け、現状維持を望む心理のことです。

人間は本能的に、現状から未経験のものへの変化を「安定損失のリスク」として嫌い、現状維持をしようとします。

「友達として」「仕事仲間として」の空気が完成してしまうと、相手は現在の関係性を崩すことに抵抗を感じてしまいます。

お互いの関係性がしっかり固定する前、つまり初対面から3か月の間であれば、比較的「変化」を受け入れてもらいやすいというわけですね。

告白・付き合うまでの準備期間にやるべき「3つのING」

告白・付き合うまでの準備期間にやるべき「3つのING」

ここまで読んで「もう3ヶ月以上経ってしまった!どうしよう?」と思った人もいるかもしれません。

でも大丈夫です!

一度、恋愛的に「ナシ」ゾーンに入っている相手と、あとから恋に落ちることもあります。

「長い間友達付き合いをしていた男友達と恋人に発展した」

「まったく意識していなかった女性を、ちょっとしたきっかけで意識するようになった」

こういう話、よく聞きますよね。

むしろ、相手のことをよく知ってからの恋愛は、初対面で燃え上がる恋愛よりも失敗しにくく、長く続きやすいと思います。

では、実際どのようにして恋に発展するのか?

昔からある俗説では、人間が恋に落ちるのは「フィーリング・ハプニング・タイミング」の3つのINGが揃ったときと言われています。

この3つのINGを利用して、意図的に恋に落ちるシチュエーションを作り上げましょう!

先に、言葉の解説をしておきますね。

□ フィーリング(Feeling)

フィーリングとは、「人・物から受ける直感的で漠然とした雰囲気」のこと。

「あの人とはフィーリングが合う」といえば、言葉にできない心の波長のようなものが合っていていることを指します。

恋バナをしていると「恋愛って結局フィーリングだよね~」なんて話も耳にします。

「価値観が合う」とは少し違って、頭で考えずに肌で感じるあいまいな心地よさのことです。

□ ハプニング(Happening)

ハプニングとは、「偶然の思いがけない出来事」のこと。

恋愛におけるハプニングとは、少女漫画でよくあるアレです。

「転んでうっかり抱きついてしまった」

「停電が起きて二人きりでエレベーターに閉じ込められた」

など。

一見悪いことに見えますが、ふたりの仲を近づけるきっかけになります。

□ タイミング(Timing)

タイミングとは、「ある物事に最も適した時期を見計らう」こと。

デートに誘うタイミングや告白のタイミングはとても重要です。

好きな相手からでも、残業がある日にデートに誘われたら断らざるを得ません。

一目惚れをしても、相手に彼氏・彼女がいたらアプローチはしづらいですよね。

同じアクションでもタイミング次第で結果が変わるので、一番大切なポイントです。

実践!バイト先で「3つのING」を起こす方法

実践!バイト先で「3つのING」を起こす方法

最後に、具体的にバイト先で3つのINGを意図的に起こす方法を解説します!

ここで紹介する具体例は、あくまで一例です。

あなたの職場なら、どんな風に「フィーリング・ハプニング・タイミング」を起こせそうですか?

イメージしながら読んでみてください。

①フィーリングを合わせる

「なんか合う」「一緒にいてラクかも」と相手に感じさせましょう。

頭ではなくフィーリングで感じさせるには、あくまでさりげなく行うのが大切です。

バイト先では、休憩時間の会話でアピールするのがおすすめ。

ポイントは次の4つです。

・テンションや会話スピードを可能な限り相手に合わせる。
→会話のテンポが「合う」、なんとなく「落ち着く」と感じる。

・話すときはおもに聞き役に回る。
→人は自分のことを話したいもの。気持ちよく喋れると「心地いい」と感じる。

・共通点を見つけて話題にする。
→自分が好きなものを相手も好き(あるいは嫌いなものを相手も嫌い)だと「自分と似ている」と感じる。

・相手の表情を観察し、相手の感情を肯定する。
→共感してくれると「心地いい」「安心する」と感じる。

(例)
店が忙しすぎて相手が疲れていそうなとき

→「今日忙しすぎだよね。つかれたね~」と声をかける。

相手がやる気で頑張っていれば同じ明るいトーン。

相手がうんざりしていそうなら同じ暗いトーンで。

相手の感情を代弁するようなイメージです。

②ハプニングを共有する

「バイト先で相手がドリンクをこぼしてしまった」

「店が忙しすぎて残業が3時間増えた」

そんなときも恋のチャンスです。

非日常的な出来事はお互いの素が出るので、固まりかけた相手との関係性が揺り動かされ、変化するきっかけになります。

小さなチャンスでも見逃さず、今の関係を変えるための行動を起こしましょう。

(例)
帰ろうとしたときに雨が降り始める。

→「傘持ってないや、どうしよう」と言ってみる。

相手が傘を持っていたら入れてくれるかもしれません。

持っていなければ二人で雨宿りのチャンスができます。

③タイミングを見極める

・デートのお誘いのタイミング

①②を実施したあとで、「相手と自分の関係が一歩先に進んだ」と感じたら、デートに誘うタイミングです。

会話の流れで、自然に食事や遊びに誘うことができると、より断られにくくなります。

(例)
新しいスイーツ店がオープンした記事を見せる。

→「おいしそう!食べてみたいな」と相手が反応する。

→「おいしそうだよね。
でも、男一人だと行きにくいんだよね」

→相手の表情を観察。

OKそうなら >>> 「一緒に行く?」と誘ってみる。

NGそうなら >>> 話を流す。①を積み重ね、タイミングを改める。

・告白のタイミング

原則として、お互いの気持ちが最高潮になったときがベストタイミング。

告白経験のある大学生男女233人を調査した論文によると、成功しやすい告白のコツは次の3つです!

1. 18時~23時までの時間帯
2. シンプルな言葉で伝える
3. 楽に済ませようとしない(コストをかける)

それぞれ具体的に説明していきます。

1. 18時~23時までの時間帯

告白の成功率が高いのは圧倒的に「18時~23時」の間だそうです。

本能的に、夜の方がロマンチックな気分になりやすいのかもしれませんね。

デートで最後に立ち寄るレストランやバーの店内、バイトの帰り道などは絶好のシチュエーションといえます。

2. シンプルな言葉で伝える

告白が成功する言葉は極めてシンプル。
「好きです。付き合ってください」です。

(NGな例)
・「○○さんといると幸せになれるから付き合って」と理由をつける
・「お願いだから付き合って」と懇願する

告白はシンプル・イズ・ベスト。
余分な要素を取り除き、気持ちがまっすぐ伝わるように心がけましょう。

【参考:樋口匡貴・磯部真弓・戸塚唯氏・深田博己(2001).恋愛関係の進展に及ぼす告白の言語的方策の効 果 広島大学心理学研究,1,53-68.

3. 楽に済ませようとしない(コストをかける)

告白にかけるコストが高いほうが成功率が上がると予測されています。

コストとは、

・感情的コスト(緊張や不安、恥ずかしさに耐える)
・時間的コスト(相手のために対面で時間を割く)
・金銭的コスト(食事やプレゼントを用意する)

などのことです。

決して茶化さず、メールやLINE・第三者に頼らず、ふさわしい場所を用意する。
手間をかけると相手に「本気度」が伝わるため、成功率が上がるということです。

ただし、やり過ぎると相手に「重い」と感じさせてしまい逆効果になります。

告白の際のプレゼントは「花束」くらいを上限と考えましょう。
【参考:石井辰典「恋愛感情の告白における誠意の伝達とコストリー・シグナリング」|東京成徳大学研究紀要 ―人文学部・応用心理学部― 第24号(2017)

(例)
デートの帰りか、バイトの上がり時間を相手に合わせる。(18~23時)

→デートで行く最後の店か、バイトの帰り道で「好きです。付き合ってください」と告白。

小さな花束などを渡せるとなお良いです。(お相手の性格や好みに合わせてください)。

飲食店の求人情報が満載!!
▷『食ジョブ』でバイト探しをする(※3項目でカンタン検索)

人間が恋に落ちる3つの条件「フィーリング・ハプニング・タイミング」。

気になる相手がいる人は、計画的に使ってみてくださいね。

なお、「3つのING」が自然に起こりやすいのは飲食店のバイトです。

□ カジュアルなムードで、休憩時間に会話が盛り上がりやすい。=フィーリング
□ 店の状況が日々変化するため、予想外のことが起きやすい。=ハプニング
□ 帰りの時間が遅くなることが多い。=タイミング

自分で仕掛けるなんてムリ!という人は、飲食店のバイトで恋が芽生えるのを待ってみてもいいかもしれません。

恋はスピード勝負!すぐに行動を始めよう

恋はスピード勝負!すぐに行動を始めよう

バイト先で付き合うまでの期間と、恋愛が成就するために準備できるポイントをお伝えしました。いかがだったでしょうか?

今回の内容をまとめていきます。

付き合うまでの期間は3ヶ月以内がベスト。それまでに距離を縮めよう。
人が恋に落ちるのは「フィーリング」「ハプニング」「タイミング」が揃ったとき。
自然に「3つのING」が起こるのは飲食店のバイト。

恋は早く動いたもの勝ちです!
今のバイト先に気になる相手がいる人は、明日から勇気を出して仕掛けていきましょう。

まだ出会いがない方はこちらの記事で、出会えるバイトを探してみてください。

バイトで出会いがない!ピンチを確実に脱する3つの”出会える”方法

・【恋したい大学生向け】理想の出会いが叶うバイトの選び方を伝授します

これからバイトをしたい人、バイトを変えて新しい恋を探したい人は、出会いが多いバイト・恋が生まれやすいバイト先を探すことをおすすめします。

恋が芽生えやすいバイト先は、断トツで飲食店でしょう。とくにカフェや居酒屋バイトが人気です。大学生・高校生など、同世代の男女が集まっているのでチャンスが広がります。

バイト探しには、飲食店に特化した求人サイト「食ジョブ」をご利用ください。働いているスタッフの様子や職場の雰囲気がわかりやすく、かつ応募・面接までがスムーズに進みますよ。

バイト恋愛について知りたい人はこちらのコラムもおすすめ!


▼バイト恋愛ってこんな感じ!

▼出会えるバイト1位は?

▼モテるバイトで楽に恋しよう♪

\飲食店の求人情報が満載/▷『食ジョブ』でバイトを探す

PAGE TOP