20191218-eye-min

居酒屋のバイトの面接で聞かれる「選んだ理由」の答え方

居酒屋でのバイトに興味がある方も多いことでしょう。居酒屋のバイトに挑戦してみたいと思ったら、まずは応募をして、そして面接です。

面接でまず受からなければ、当然働くことはできません。面接で聞かれることが多い質問のひとつに、「選んだ理由」があります。

面接で受かるために、事前に考えてから面接に臨むことが大切です。今回は、面接に受かる確率が上がる「選んだ理由」の答え方をご紹介します。

・こう答えれば受かる!「選んだ理由」の答え方

バイトの面接で「選んだ理由」をどう答えるかはとても重要です。

「家が近いから」や「時給が良いから」などの条件面の話をするのも良いですが、さらに志望動機を付け足すと自己アピールができます。

自己アピールできるような内容にすることで、採用者に採用するメリットがあると思わせることが大切です。

例えば、「人と接することが好きだから」という志望動機であれば、自己アピールにも繋がりますし、採用されやすくなります。

なぜかと言うと、居酒屋はお客様やスタッフと話すことが多い仕事です。お客様から注文を取るときはもちろん、スタッフとも連携して働きます。

したがって人と接することが好きな人が入ってくれれば、すぐに仕事に慣れて、よく働いてくれると採用者は判断をします。

このような人は居酒屋のバイトに向いていますし、採用されやすくなるので、志望動機として伝えて、自己アピールをしましょう。

自己アピールについては、こちらを参考にしてください。

自己PRの書き方・伝え方を知ればアピール上手になれる!
https://colum.shokujob.com/trouble/2019/09/7678/

大切なのは、面接時に明るく笑顔でハキハキと話すことです。

「人と接することが好き」という志望動機であっても、楽しそうに話していない場合、採用者は矛盾を感じてしまいます。しっかりと伝わるように、面接時の採用者との接し方に注意しましょう。

またキッチンを希望する場合は、「料理が得意だから」や「料理をもっと覚えたいから」という志望動機が有効です。とくに「料理が得意だから」という理由であれば、即戦力として採用されます。
「料理ができないけど大丈夫かな・・・」という方も、大丈夫なので安心してください。「料理をもっと覚えたいから」という理由であれば、やる気があると思ってもらえますし、これからたくさん働いてくれそうという印象を与えられます。

料理ができる人もできない人も、やる気が採用者に伝わるように心がけましょう。

・これはNG!受からない「選んだ理由」の答え方

受からない「選んだ理由」の答え方は、具体性のない条件面の話だけをする場合です。

例えばあなたが採用者側になったとして、面接に来た人に志望動機を聞いたとき、「家が近いから」と答えられても、やる気を感じませんし、採用するメリットも感じません。

「時給が高いから」と答えるのも同様、それだけでは具体性に欠けますし、説得力がありませんよね。

条件面で志望動機を話す場合は、具体的に話すようにしましょう。

例えば、「家が近いので、通いやすく、長く働くことができると思ったから」や「自分で学費を稼ぐために時給が高いところでたくさん働きたいから」など、その条件を魅力に感じた理由を付け足して、具体的に答えましょう。

そうすることで、採用者は採用するメリットを感じて、採用されやすくなります。

・「選んだ理由」以外に、面接に受かるコツ

「選んだ理由」以外にも、面接で見られているところはたくさんあります。その中で大切なポイントは、見た目と話し方です。

まず、見た目についてです。
とにかく清潔感のある格好をするように心がけましょう。

例えば、ご飯を食べに飲食店に行ったときに、服装や髪形が乱れていて清潔感がないスタッフがいたら嫌ですよね。もう一度行きたいとは思われません。

このように、店内の清潔感はもちろん、スタッフの清潔感もとても大切です。髪型は、目にかからない前髪、長い髪はまとめることを意識しましょう。

服装は、派手すぎないシャツやブラウスに、チノパンや短すぎないスカートにします。ピアスやネイルは店によっては問題ない場合もありますが、面接のときはしない方が無難なので、避けましょう。

面接の前に、こちらのコラムも参考にしてください。

飲食店のバイトや面接でピアスを外さないとこうなる
https://colum.shokujob.com/tips/2019/07/236/

面接対策!カフェのバイトの服装と持ち物、質問される内容は?
https://colum.shokujob.com/tips/2019/11/7977/

次に話し方についてです。

居酒屋は店内が騒がしいので、明るくハキハキと話せる人が採用されやすくなります。ホールスタッフであれば、なおさらハキハキと話せなければなりません。

例えば、居酒屋に行って飲み物や食べ物を注文するときに、スタッフの声が聞き取りにくいと、お客様は注文がしっかりと伝わっているのか不安になります。

そのため面接のときには、聞かれたことに対して笑顔で明るくハキハキと答えることを意識すれば採用されやすくなるでしょう。

「選んだ理由」に加えて、見た目と話し方の2点を意識すれば、採用される確率がかなりアップします。

面接の前に鏡で確認したり、笑顔の練習をしたりして、面接に備えましょう。

・居酒屋のバイトの面接で聞かれる「選んだ理由」まとめ

居酒屋のバイトの面接で聞かれる「選んだ理由」の答え方をご紹介しました。「選んだ理由」は、面接でも大切なポイントです。

面接の前にしっかりと「選んだ理由」を準備すれば、自信を持って面接に臨むことができます。当日の面接では、「選んだ理由」を話して、自分を思いっきりアピールしましょう。

PAGE TOP