20191023_02-min

30歳~挑む!30代からのカフェバイトって実際どうなの?

カフェのバイトは、人気の高い仕事です。憧れている人も多いのではないでしょうか。

10代・20代の学生・フリーター・主婦だけではなく、30代でもカフェのバイトを希望する人は少なくありません。

カフェのバイトは若い人が働いているイメージが強いかもしれません。しかし、30歳を過ぎても活躍できる職場です。今回は、30代のカフェのバイトは実際どうなのかについて、その詳細を紹介します。

●カフェのバイトで30代の人っているの?

カフェのバイトについて実際のところを述べると、年齢層が幅広いというのが特徴です。したがって、30代でバイトをしている人もいるので、不安を抱えていた人は安心してください。

カフェは朝から夜まで営業しているところが多いため、どの時間帯でも30代の人であれば仕事をすることができます。

特に、平日の午前中や昼頃は30代の人が働きやすい時間帯です。なぜなら30代の主婦層が、手の空きやすい時間帯だからです。

学生など若い人は、平日の午前中や昼頃は授業があり、シフトに入ることができません。そのため、この時間帯は30代以降の人がカフェのバイトとして働いています。

同じ職場に同年代のスタッフがいるのかどうか心配という人も、この時間帯であれば30代が多いので安心です。

また、この時間帯でなくても入ることができます。

平日の午前中や昼間でなくても、学生に比べて30代の人の方が時間の融通が利くため、シフトに多く入ることが可能です。

とくに人手が足りない時は、柔軟にシフトに入れるスタッフがいると、とても重宝されます。そのためカフェのバイトで30代の人は活躍できる環境が整っており、重要な人材でもあります。

●カフェは30歳から始める人もたくさんいる

カフェは30歳から始める人も沢山います。

30歳で、カフェで働いた経験がないし不安・・・という方も安心してください。まったく違う業界で働いていた人も、カフェは入りやすい業界なので問題ありません。

転職者、フリーター、Wワーク、バリスタを目指している人など、沢山の人たちが30歳からカフェで働き始めます。

バリスタを目指すには、カフェで働くことが一番近道です。もちろん知識を身に付けることも大切ですが、現場で働いて経験を積むことも必要です。

カフェで働くと、知識も身に付きますし、現場で経験を積むこともできるので、一石二鳥です。経済的だけではなく、さまざまな目的でカフェのバイトを始めるのが、30代の特徴だと言えます。

コーヒーにこだわっていて、本格的なコーヒーを取り扱っているカフェであれば、プロ志向のスタッフが集まりやすいでしょう。

またWワークとしてカフェで働く人も多くいます。Wワークに選ばれる理由は、シフトの融通が利きやすいからです。

お店にもよりますが、基本的にカフェは朝から夜まで営業しているので、人材が必要になります。30歳でもWワークでも十分に働けます。

カフェは長時間営業なので、自分のライフスタイルに合わせてシフトを組むことができるのがメリットです。

朝から夕方にかけて本業の仕事をしている方であれば、夜にカフェのバイトのシフトを入れることができます。

本業がシフト制の場合でも、カフェのバイトはシフトの融通が利きます。希望に応じた時間帯でシフトの希望を出せます。

実際に、本業がシフト制の小売業で働く時間に変動があっても、Wワークとしてシフトも融通を利かせてもらい、カフェで働くことができているという体験談も、筆者は聞いたことがあります。

Wワークをしたい場合は、面接時にその旨を説明し、副業が可能かどうかや、シフトの融通が利くかなど、採用担当者に確認するようにしましょう。

●バイトに必要とされるのはコミュニケーション力と向上心

30代からカフェのバイトに挑戦するために大切なのは、コミュニケーション力と向上心です。

カフェのバイトは、お客様とコミュニケーションを取る機会が多くあります。カフェのバイトの面接を受ける人は、人と話すのが好きな人や、コーヒーが好きでもっと知識を身に付けたい人などが多くいます

このような自己PRをした場合、コミュニケーション力や向上心があるとみなされ、採用されます。年齢や経験などは関係なく、正当に評価されるので安心してください。

ここで採用されるコツを、お伝えしておきましょう。カフェのバイトとして採用されるには、面接でどのような対応を取るかが重要です。

面接では、明るくハキハキとした対応を取ることを心がけましょう。カフェでは、とくにホールの仕事においては、笑顔で明るくコミュニケーションを取ることが求められます。

お客様に対して良いイメージを持ってもらうために、カフェの雰囲気づくりのためにも、笑顔で明るい対応を取れるかどうかはとても大切なポイントです。明るくしっかりとコミュニケーションを取ることができる人は採用されやすくなります。

学生であれば少しは許容され、人材教育をしてコミュニケーション力を身に付けるということもあります。しかし、30代であればある程度のコミュニケーション力があることが望まれます

コミュニケーション力に自信のある方は、積極的にアピールしていきましょう。

また30代であれば、なぜカフェのバイトをしたいと思ったかなどの志望動機も重要です。なぜなら採用担当者は、志望動機によって、向上心があるかどうかを判断するからです。

例えば、バリスタを目指していて、働きながら学びたいと思ったという志望動機であれば、向上心があるとみなされ、採用されやすくなるでしょう。

バリスタを目指しているわけではないから採用されないかも・・・という方も大丈夫です。Wワークの場合は、本業に活かしたいと思ったからという志望動機でも良いですし、フリーターの場合は、コミュニケーション力を向上させたいと思ったからという志望動機でも良いでしょう

しっかりとした志望動機を伝えて、向上心があることを面接でアピールすることを心がけてください。

●30歳・30代から始めるカフェのバイトまとめ

30代からカフェのバイトを始めることは可能です。実際に30歳を過ぎてから、カフェのバイトに挑戦する人も多くいます。

30代で未経験でもカフェのバイトをしたいと思っている方も、安心ですね。まずは、面接でコミュニケーション力と向上心を伝えて、採用されることを目指しましょう。ぜひ、30代でカフェのバイトを始めようか悩んでいる方も、挑戦してみてください。

わたしたちは、大阪・神戸・京都を中心とした飲食の求人・転職サイト「食ジョブ」(https://shokujob.com/)を運営しています。「食ジョブ」にも、カフェの求人情報を豊富に掲載しています。

■「食ジョブ」おすすめのカフェ求人
https://shokujob.com/offer/list?station_pref1=&station_pref2=&station_pref3=&station_pref4=&station_pref5=&monthly_income=&hourly_wage=&freeword=%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7&condition_type=detail&detail_submit=true&lat=34.5197749&lng=135.85566&sort_type=recommended

PAGE TOP