103287_s

精神的に楽なバイトを真剣に考察!人間関係に疲れたら必見です(飲食店編)

「人間関係がうまく行ってなくて、楽しくない」
「仕事が嫌で、バイトに行く前は毎回憂鬱な気持ちになる…」

そんな思いをしている方、必見です。
今回は、多くの飲食求人を見てきたからこそわかる「精神的に楽なバイト」を、ご紹介します。

高校生、大学生、フリーターや主婦さんに楽しく働いてほしい。それぞれの立場にとっての「精神的に楽なバイト」を、真剣になって考えてみました。バイト選びのポイントを具体的に解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

●目次

精神的に楽なバイトとは

精神的に楽なバイトとは

 
以前、「楽なバイトランキング」を発表したことがあります。

今回は「精神的に楽なバイト」にテーマを絞ります。

そもそも「精神的に楽なバイト」とはどのようなバイトででしょうか?
飲食店で考えてみた場合、大きく分けて3つのパターンが考えられます。

1つ目は、「ストレスがないバイト」です。
とりわけ負担になるのが、人間関係。

職場に気の合わない先輩や同僚がいると、そちらに気を使って疲れてしまいがち。
また、関係性が悪いとなかなか質問しづらかったり、何度も怒られたりして・・・委縮してしまう、なんて場合もあります。これではバイト先に行くのも毎回つらくなってしまいますよね。

仕事が多少きつくても、仲の良い同僚や、頼れる先輩がいれば円滑にこなせることも少なくありません。ミスしてしまっても優しく声掛けをしてもらえたら、安心して働くことができます。

その他、接客が苦手な人はそのストレスを避ける仕事など、できるだけ自分にとって「ストレスの少ない」職場を選ぶことが重要だと言えます。

つまり今の環境から逃げたっていい!ということ。あなたにとって働きやすい職場はきっとあるはずです。

☞ストレス発散法をまとめてみました。

2つ目は、「単純作業で覚えることが少ないバイト」です。
複雑な仕事だったり、覚えることが多い仕事だったりすると、それだけでいっぱいいっぱいになってしまいがち。

例えば、飲食店の場合オーダー方法が複雑だったり、メニュー数が多かったりするお店だと、入ったばかりは覚えることが多く苦労するかもしれません。余裕がないことでミスをして、手順を間違えて怒られてしまう、なんてことも…。

そうなってしまってはせっかくのバイトもく苦しくつらい仕事になってしまいます。

最初から単純作業で覚えることが少ないとわかっているバイトを選べば、そういったつらさを回避できます。

例えば、お店の「調理補助」としてキッチンの清掃や皿・調理器具洗いをするなど、比較的覚えやすい単純作業の仕事もおすすめ。

その他、陳列された商品を調理する必要がなく、お客様が自分で商品を選び、運ぶ「カフェベーカリー」やメニュー数の少ない飲食店、単品系のお店もいいでしょう。

☞ベーカリー・パン屋さんで働く魅力はこちら

3つ目は、「好きなこと・楽しいことができるバイト」です。
自分の好きなことや、楽しいと感じられる仕事を選べば、多少つらくても色々なことを乗り越えられ、長続きする可能性も増えます。

例えば、コーヒーやスイーツが好きな人はカフェで働働けば気持ちが上がって楽しく働けますね。好きなことが一緒な同僚や先輩などと出会えるチャンスもあります。

もし今バイトを探しているなら、以上の3つを基準に探してみるのもおすすめです。

しかし、一番大切なのは「ストレスから逃げたいなら、今負担に感じていることは何?」と一度しっかり考えてみることです。

例えば、

「人間関係も仕事も気に入ってるけど、働く時間が朝で、毎回起きるのがつらい」
「バイト仲間とは仲がいい。でも店長との関係がうまくいかず、顔を見るのもしんどい。」
「バイトに行く前の憂鬱な気分を何とかしたい。どうせなら楽しい環境で働きたい」

自分にとって、どういった内容がストレスで、精神的に楽と思えるかは、人それぞれ。もしかしたら上の3つ以外の、あなたなりの答えがあるかもしれません。一度じっくり考えてみましょう。

その上で、あなたにとっての精神的に楽なバイト選びをしてみてください。

一般的なバイトでは、交通量調査やセルフサービスのガソリンスタンド、警備員(とくに夜勤)、加工食品などの工場が、精神的に楽なバイトとして人気を集めています。

では飲食業界の場合はどうでしょうか。以下では大学生・高校生・フリーター・主婦別に、精神的に楽なバイトを説明していきます。

高校生は学業への理解があるお店を選ぶこと

高校生は学業への理解があるお店を選ぶこと

 
まず、「高校生にとって精神的に楽なバイト」を考えてみましょう。

高校生の場合は、まず「学業と両立しやすい」という条件のもとバイトを選ぶ必要があります。

そのために重要なのが「シフトの融通が利く」ということ。

テストや、部活の都合でシフト変更や抜けなければならない時も、理解あるお店ならばストレスなく変更してくれます。

そのため、「高校生や大学生のスタッフが多い」店を選ぶことが大切。同じ学生がたくさん働いているお店というのは、それだけ理解があり。かつどんな学生でも働きやすいので、精神的に楽な確立が高いでしょう。

スタッフの年齢が近い程、お互いわかる部分もあると思います。先輩スタッフが優しく、フレンドリーか仕事場なら、ストレスなく楽しく働けそうですね。

また、「憧れの仕事、興味があるお店」で働くのもおすすめ。K-POPが好きな人は韓国料理屋で働いたり、オシャレなカフェが好きな人はカフェを選んでみたり。それに意外と人気なのが居酒屋。好きを仕事にすれば、楽しく活躍できるし、頑張りがいもあります。アルバイトデビューにもぴったりですよ。

☞高校生にオススメなバイト求人は「こちら」をチェック

ただし居酒屋バイトは、年齢制限があるので高校生は要チェックです。

大学生はイージーモードな仕事を選ぶこと

大学生はイージーモードな仕事を選ぶこと

 
学業やサークル、遊び、就活で忙しい大学生にとって大切なのが、「単純な業務や繰り返し作業がメインのバイト」

複雑で覚えることが多い仕事ではなく、一度やれば覚えてしまうくらいの単純な業務ならば負担も少なく済みます。

例えば、飲食店のセントラルキッチンなら、残業もない上に作業も単純なものが多いです。

もう一つ大切なのが、「正社員との関係がフラット、もしくは人間関係のいい職場」ということ。仕事以前に人間関係で悩みを抱えてしまうと、働きたくても気持ちが沈んでしまうもの。

もしくは「コミュニケーションをとらなくてもいい職場」を選ぶと、そういったわずらわしさが減り、仕事だけに集中して働くことができます。テイクアウト商品の宅配スタッフなどがそれに当てはまります。

特に「フリーターや副業など、自由な働き方をしている人が多い職場」であれば、大学生の働き方を尊重してくれる場合が多くあります。

ノルマがあったり、責任のあるポジションを任せられたりするのは負担がある大学生にとって、働き方に理解を示してくれる人がいるのは心強いですね。

ビュッフェ・バイキング式のレストラン、チェーン店のカフェ・ファミレス、すし屋などは、そういった働き方をしている人が多いのでおすすめです。

☞大学生にオススメなバイト求人は「こちら」をチェック

フリーターには自分らしく働けるバイトが楽

フリーターには自分らしく働けるバイトが楽

 
フリーターの方は、バイトを掛け持ちしていたり、趣味や自分の時間を大切にしていたりと、1つのバイト以外にもきちんと時間を確保ながら上手に働きたい人が多くいます。

仕事量が多かったり、複雑なマニュアルが必要だったりする仕事は、残業が増えたりしてなかなか思うように時間を使えない場合があります。

そんな時には、複雑で覚えることが多い仕事ではなく、「単純な業務や繰り返し作業がメインのバイト」がおすすめ。

単純な調理のみで仕事ができる「飲食店のセントラルキッチン」や、自分のスキマ時間にサクっと働ける「テイクアウト商品の宅配スタッフ」などがぴったりです。

☞セントラルキッチンのバイト求人は「こちら」をチェック

また、「正社員との関係がフラットな職場」を選ぶのも大切です。

中には「アルバイトよりも正社員の方が偉い」と位置付けているお店などがあり、そういう所では、あからさまに正社員を優遇したり、同じ仕事量にも関わらず給料に差が出るということも。

そうなってしまうと、職場への信頼がなくなり、頑張って働く気力も出ないですよね。

フリーターや副業など、自由な働き方をしている人が多い職場であれば、フリーターの働き方にも理解があり、自分らしく働くことができます。信頼関係にもつながり、仕事のやる気が上がりますね。

一方で、「ノルマがある場合や、責任のあるポジションを任せられる現場はあまり向いていない」かもしれません。「自分らしく」働くスタイルを大切にするか、どうかは応募をする前に一度検討してみてください。

限られた時間の中で効率よく働きたいばら、ビュッフェ・バイキング式のレストランや、マニュアルがある程度決まっているチェーン店のカフェ・ファミレス、すし屋などがおすすめです。

主婦は家事の延長線上でできるバイトが楽

主婦は家事の延長線上でできるバイトが楽

 
家事や子どもの世話などで、何かと忙しいのが主婦。子どもの急な体調の変化や学校の行事など、急なシフト変更をしなければならない場合も多くあります。

そんな主婦の方に真っ先におすすめしたいのが、「シフトの自由度が高いバイト」安心して働き続けるためには、。急なシフト変更に対応してもらえることが何より重要です。

そのためには、「主婦層が多くて協力しあっているバイト」や「主婦層の働き方、生活スタイルに理解があるお店」を選ぶことが大切。求人に応募する前に、できれば働いているお店の雰囲気や、店員の年齢層などを確認しておきましょう。

「週2~3日、ランチのみ」「扶養内での勤務」など、制限がある働き方ができるお店を選ぶことも重要です。最近はランチの時間帯だけの働き方や、早朝勤務のバイトなど、時間に制限のある求人も多くあります。あなたにぴったりな働き方を見つけましょう。

☞週3以下のパート求人は「こちら」をチェック

また、「料理、皿洗い、掃除など、家事の延長線でできる仕事がメイン」のバイトであれば、特別な技術やマニュアルを覚える必要なく働くことができます。即戦力にもなりやすく、お店に感謝されること間違いなしです。

居酒屋・レストランのランチ勤務、カフェの午前~夕方勤務など時間制限のあるバイトや、
大手飲食店の洗い場、下準備、開店準備のみと区切りのある働き方の職場がおすすめです。

自分にとって精神的に楽なバイトを見つけよう!

自分にとって精神的に楽なバイトを見つけよう!

 
今回は、飲食店におけ精神的に楽なバイトを、大学生・高校生・フリーター・主婦別に詳しくご紹介しました。

それぞれの結果をざっとまとめておきます。

【高校生】

学業との両立ができる仕事。
学生が働いているお店なら、理解がありシフトの融通も利きやすい。
また、自分の好きな仕事なら頑張ることができる。

【大学生】

学業や就活で忙しい大学生は、単純作業の仕事がいい。
また、人間関係も風通しのいい職場がよく、
自由な働き方をしている人、フリーターが多いバイト先を選ぶのもおすすめ。

【フリーター】

自分の時間を確保したいなら、単純作業の仕事がおすすめ。
自由な働き方に理解のある会社を選んでおきたい。
ノルマや責任のある仕事を任せる職場なのか、事前に確認しておくのも大切。

【主婦】

何より、シフトの融通が利くバイト先を選ぶ。
そのため、主婦が活躍していたり、理解があったりするお店がいい。
また、「早朝だけ」「ランチだけ」など時間の制限がある働き方も。

ここで取り上げた『精神的に楽な仕事』とは、
「ストレスがないバイト」
「単純作業で覚えることが少ないバイト」
「好きなこと・楽しいことができるバイト」
の3つを指しています。

しかし、どんな部分が精神的に楽と感じるかは、働く人それぞれ。
結果を参考にしながら、自分なりの「精神的に楽なバイト」をぜひ見つけてみて下さいね。

精神的に楽なバイトをお探しの方はこちらのコラムもおすすめ!

▼精神的なストレスを残さない睡眠方法

▼人間関係に役立つコミュニケーションタイプ診断方法

▼イライラ解消を仏教的に解説

PAGE TOP