居酒屋バイトのあるあるネタ44連発!こんな面白い職場はほかにない!?

なぜか居酒屋には個性的な人がたくさん集ってきます。ちょっと変わった店長やクセの強いお客さん、ユニークなバイト仲間・・・そんな人たちの間で、おもしろエピソードに事欠きません。

そんな出来事を、あるあるネタにまとめてみました。今回は居酒屋バイト経験のある筆者が、あるあるネタを44連発でお届けします。リアルな職場事情を披露していますよ。

【バイト編】【店長編】【お客さん編】ごとにネタを分けているので、気になったところから読んでください!飲食店バイトのあるあるネタは、ほかにもあるので気になる記事をチェックしてくださいね!

    関西の飲食求人情報が満載!!▷『食ジョブ』で求人を探す(※登録無料)

●目次

居酒屋はあるあるネタの宝庫

●●●●(中見出し)

居酒屋で働いていると、色々な「あるある」に遭遇します。
新人バイトが必ずしてしまう失敗や、個性的な店長のおもしろ発言、酔ったお客さんの困った言動など…。
中にはつらいこともありますが、「自分の店にもこんな人いる!」「こんなことあるある!」などと一歩引いた目線で笑えれば、もやもやした気持ちも少しやわらぐかもしれません。
また、これから居酒屋でバイトを考えている人には、雰囲気や対処法を知るいい機会になるかも!?
今回は、居酒屋バイトのあるあるネタを、【バイト編】【店長編】【お客さん編】の3つにわけてご紹介します!

【居酒屋あるあるネタ】バイト編

●●●●(中見出し)

飲食店バイト中でも特に忙しい居酒屋のアルバイトは、働く者同士のコミュニケーションの機会も多く、関係が深くなりやすい職業だと言えます。
忙しい時に支え合ったり、理不尽なことがあっても笑って励まし合ったり…。
そんなバイト仲間の中で起こる「あるある」な出来事をまとめてみました!

【社員・バイト同士の関係あるある】

①忙しくててんぱっている時に、さり気なく助けてくれる先輩スタッフがイケメンすぎる…!

わかります。救世主に見えるんですよね。そして新人スタッフが恋してしまう、なんてことも…。

②先輩スタッフや店長などの噂をする時は、変なあだ名をつけがち。

これもあるあるですね。筆者は洋風居酒屋でバイトをしていた時、店長がパリッとしたロン毛だったので彼を「アルデンテ」と呼んでいました。そして段々「アルさん」などに省略されていくことになります…。

③愚痴ばかり、やる気のない社員がいる。学生バイトからの信頼は極めて低い。

社員がやる気ないと、現場の士気も上がりませんよね。学生バイトのやる気にも関わって来るので、しっかりしてほしいところです。でもどこの店にも一人くらいいますね、こう言う人。

④姉御肌・お兄さんキャラの先輩スタッフがいがち。みんなから信頼されている。

お店に絶対一人はいるキャラ。名前に「○○先輩」とか「○○さん」「○○兄ぃ」「○○姉ぇ」付けで呼ばれがちです。バイトリーダー率高め。

⑤無口で職人気質な調理人いがち。

困るのが、質問がある時、とても話しかけづらいのですが、案外喋ってみると気さくに返事をしてくれたりします。人は顔で判断できませんね。でも中には本当に口下手な人も…。

⑥シフトが同じ社員に当たりはずれがあり、それでバイトは一喜一憂する。

ダメな社員に当たった日は、それだけで1日やる気なくなる…なんてことも。言い方がきつい人や常に完璧を求めてくる社員さんだと、仕事しづらくて気分も沈みがちに。逆にバイトに優しい人だとやる気もUPします。

頼りになる先輩や、逆に全くやる気のない社員など…。どこの店舗にもなぜか必ずいる「あるある」な人たち。忙しい時はストレスに感じる人間関係でも、あだ名を付けて気の合う同士で話をするなどガス抜きすれば、少し楽になりますね。

【働いていると出くわす状況あるある】

⑦なぜか忙しい時にかぎって、ビールのサーバーが切れたり、炭酸水の在庫がなくなったりする。

ダッシュで買出しに行かないといけなくなり、「足早いでしょ」という理由で男子や運動部の人が行かされがちです。

⑧「お待たせしました。こちら○○です」と料理を出して、「いや、違います」と言われた時の、何とも言えない空気感。

「オーダー取ったやつ誰だよ…!」と心の中で責める一方、「自分が机間違えたのか?」と焦る瞬間。わかります。

⑨可愛いとお客さんから告白される、口説かれる。

頻繁にこういうことがあるので、本人も段々断り方がうまくなってきます。数か月後には、断り方もスピードも達人並みのレベルに。

⑩ラストオーダー3分前にお客さんが来店する。

対応は笑顔でも、心は悲しみと怒りに満ちています。「このお客さんのせいで退勤時間がどれだけ遅くなるか…」と考えてしまうと悲しくなるので、おすすめしません。

⑪ピークタイムを乗り越えたバイト仲間に生まれる、謎の達成感。

闘いを終えた勇者みたいな気持ちになって、それをなんとなく空気感で分かち合える、あの感じはバイトならではかもしれません。

⑫新人バイトが入ってくれば、自分のこんなできなかったのかと、ちょっと恥ずかしくなってしまう。

逆に新人バイトが仕事できる子でも、「自分はこんなに上手にできなかった…」と比べて凹んでしまうんですよね、わかります。

⑬バイトで着る服をどこタイミングで洗濯するか、頭の中で戦略を組みがち。

出勤が増えると洗濯のタイミングは重要になってきますよね。ローテーションをミスると、生乾きの服を着ることになることも…。

居酒屋でバイトをしていると時間の感じ方も変わってきます。働いていない日でもつい「あ、今ピークだな」「もうすぐラストオーダーだな」と考えてしまうこともあります。また、自分の働いてきた歳月を振り返ることが増えたりもします。過去を振り返って自分の成長を冷静に考える時間があるのも、働く醍醐味と言えるでしょう。

【居酒屋バイトならでは!?】

⑭プライベートでも、つい一度にたくさんの食器やグラスを持ってしまう。

何人かで外食する時、自分でお水を入れる方式だと全員分の水を一気に運んでしまい、「店員さんみたいだ」と笑われることがあります。居酒屋バイトならではでしょうか。

⑮お酒や料理、食材について詳しくなり、無意識のうちに友人に食について解説している。

「これうちの居酒屋でも出してるメニュー!」など、メニューの解説をしてしまいがちです。友人の顔を見て「しまった…!」と思うことも。

⑯他の飲食店に訪れたら、従業員の接客や言葉づかいなどが気になって仕方がない。

普段自分が気にしている部分を、特に厳しくチェックしてしまいがち。逆に、よくできているお店なら自分の中で好感度がぐんとあがります。

飲食店で働いていると、ついついやってしまう癖や考え方が出てきます。「うわ、またやってる!」と気付きながらも、実はそんなに嫌じゃなかったりして…!?ある意味一生懸命働いている証とも言えますね。

【居酒屋あるあるネタ】店長編

●●●●(中見出し)

どこの店舗にもいる「名物店長」。特に居酒屋は、一味違った個性的な店長がたくさんいます。そんな居酒屋店長のあるあるを一緒ご紹介!

【こんな店長いるいる!性格や見た目について】

⑰何歳なのかわからないけど、いろんな試練を乗り越えてきたことだけはわかる風貌。

若い一面も、年齢を感じさせる一面も両方兼ね備えていることが多いです。いい言い方をすると、「味がある」ということ…!?

⑱元バンドマン、元芸人が多い。バイカーが多い。昔遊び人だった空気感がある。

接客業が得意な明るい雰囲気は、過去に遊んでいたからこそ培われたものなのかも?そのせいか、コミュニケーション能力は神。

⑲なぜか芸能人や有名な人と知り合い・友人。関西では芸人さん。

意外な人と知り合いだったりする。友好関係が広く、一緒に遊んだエピソードなどを披露してくることがあります。「すごーい!」と言うと得意げに。

⑳武勇伝を語りたがる。

「学生の頃は~」と言って、なぜか学生バイトに張り合おうとしがち。「自分はまだ若いぞ」と年齢のことを引き合いに出す時も。優しく聞くのもバイトの仕事のうち?

㉑人生哲学にこだわりがる。歴史上の偉人とか名言が好き。

筆ペンで名言を書いてトイレに貼りがち。野球選手の名言なんかもストックがたくさんあります。

㉒喫煙者が多い。それもセブンスターとかの重いやつ。

料理もするのに大丈夫?とバイトから思われるくらい匂いのきついタバコを吸っていることが多い。。口癖は「ちょっと一服してくる」。行くとしばらく帰って来ない。相当ストレスが溜まってるんだなあ…と感じさせる。

居酒屋の店長は、特にお客さんや学生バイトとも明るく接してくれる人が多い。過去に相当やんちゃしていた雰囲気のある人も多く、話すとおもしろいという特徴があります。

【バイトとのやり取りあるある】

㉓売上が絶好調な時は、ビールをご褒美にくれがち。

そして自分もバックヤードで飲みがち。その日は終始機嫌がいいのでバイトも楽しく働けるので、こういう日はラッキーデーです。

㉔シフト入ってもらえないかの攻防戦をする時、なぜかちょっと人柄が変わる

いつもよりも違うテンションで近付いて来ます。断れない雰囲気の時もあるが、一度引き受けてしまうとその後もずっと「言えば入ってくれる」と思われてしまうので、きっぱり断るのが吉!

㉕イケメン店長は、可愛い女子スタッフに手を出しがち

やたらと可愛い女子スタッフと店長が2人でシフトに入っている時間が多いなあと思ったら「そういうことか…」と納得することがあります。

㉖スタッフ同士や常連さんとのBBQや飲み会、イベントを企画してくれる

とにかくみんなが仲良くなるために色々考えてくれるのが嬉しいところです。

居酒屋の店長は明るい人が多く、「働きやすい職場づくり」に色々気を使ってくれているのがわかります。お客さんのみでなくバイトにも好かれるようなコミュニケーション術など、勉強になる部分もたくさんありますね。

【仕事に見られる特徴あるある】

㉗普段はお客さんフレンドリーだけど、外国人が来ると急に緊張しがち

相手に日本語が通じないとわかると、すぐに英語を話せるスタッフを呼びます。その子が休みの時は、一生懸命身振り手振りで説明したり…。

㉘営業電話の対応は極端に冷たくなる

普段から関係のある業者さんには優しいのに、新規営業とかの電話だと分かった瞬間声が低くなります。瞬時の切り替えがすごい・・・。

㉙繁忙期はバイトに言った指示を忘れがち

忙しすぎて、バイトに指示したことなどを忘れていることが多い。こういう場合「言った・言わない」の議論をしても仕方ないので、わからないことが出てきたらすぐにもう一度店長に聞くのが吉。

その日のお店の様子だけでなく、将来的な計画や今後のお店の運営についても考えなければならないのが店長の仕事。色々と仕事が多すぎて大変なあまり、色々な問題も起こりがちです。ですが、それもお店のために働いているからこそのこと。バイトとしても手を差し伸べられるよう、まずは与えられた自分の仕事をしっかりとこなしましょう。

【居酒屋あるあるネタ】お客さん編

【居酒屋あるあるネタ】お客さん編

最後にお送りするのは、居酒屋のお客さんあるある。
店長やバイトが個性的なら、もちろんそこに集まってくるお客さんも個性的な方が多い!何人も接客しているベテラン居酒屋バイトに聞いた厳選あるあるをどうぞ。

【いるいる!こんなお客さん】

㉚箸袋の折り方を極めている人がいる。

片付ける時に、折り紙の様に綺麗に折られた箸袋を見て感動します。団体客の中に一人はいる几帳面なお客さん。

㉛いつもは2~3杯だけど、飲み放題付コースの宴会では、無限に飲む常連のお客さん

いつもは我慢しているんだな…と懐具合を考えて切ない気持ちになります。「今日は存分に飲んでくれ!」と心の中で応援します。

㉜傘やスマホなど忘れがち

忘れられたこちらも焦るものNO.1、スマホ。気付いた瞬間お客さんをダッシュで追いかけ、持ち主が見つかるまで心臓はバクバク…。忘れ物として同じく多い傘は、最終的に持ち主が見つからなかった場合は、急に雨が降った時の緊急用になります。

㉝「今日のおすすめは?」と機嫌よく聞いても、「ちょっとわかりません」という新人バイトだと、急に不機嫌になる人がいる

「おすすめ」を聞かれるのは結構難しいですよね。でも、「トイレどこですか?」と並んで聞かれる率が高い質問のひとつ。これにすらすら答えられるようになったら新人バイト卒業ですね。

㉞キープボトルのお酒で飲食をする時は、月末・給料日前で金欠だとわかる

付きだし+一品くらいで、耐久戦に持ち込もうとする常連さん・・懐具合を想像しちゃうますね。お金をセーブしたい時期にも来てくれるお客さんを思って、ちょっとサービスをしたりとか?まぁできないこともあるけど、ゆっくりしてってください。

㉟宴会でみんな酔っていても、1人はめちゃくちゃ冷静なお客さんがいる

みんな出来上がっているのに、一人だけ食べ終わったお皿とか下げやすい位置に出しておいてくれる人、います。バイトからするとめちゃくちゃ助かる存在ですね。

㊱10名以上なのに、「とりあえずビールの人」で1人しか手を上げずに、「あれ?」という空気になる

全然「とりあえず」じゃない!と心の中では思いつつ、バイトとしては「この注文は複雑になりそうだぞ…」と心構えをする瞬間ですね。

こういったお客さんあるあるは、最初は大変ですが、働く期間が長くなるにつれて淡々と進めるようになってきます。経験値が上がっているということなのかもしれません。

【常連さんあるある】

㊲常連さんに裏メニューを出すと、見たことないくらい喜んでもらえる

お店を愛してくれているのがわかって、こちらも嬉しい気持ちになります。ついつい「次はどんな裏メニューを出してあげようかな?」と考えてしまいますね。

㊳新人バイトに、お店の従業員よりも、教育したがる常連さん

「この店はねえ~」となぜか得意げに教え始めるお客さん、いますよね。しかも大体話が長いのですが、新人のうちはこれを最後まで聞くのも仕事だ…!と思ってつい優しく相槌を打ってしまいます。

㊴「最近、あのお客さん姿を見せないなぁ」と思っていたら、来店する

気になっていた頃に来店されると、嬉しい気持ちが倍増します。「最近いらっしゃらないなあと思ってたんですよ!」と伝えて、相手が照れるまでがお決まりのパターン。

㊵「これみんなで食べな!」と気前よくバイトの分も払ってくれる

ビールやおつまみなど、お店のメニューを気前よくご馳走してくれる常連さんもいます。中にはコンビニなどで買って来た栄養ドリンクなどを差し入れしてくれる人も。こういう心づかいは嬉しいですね。

長く働いていれば、常連さんともだんだん身内のように打ち解けた関係になってきます。久しぶりにバイトに入ったら声をかけてくれたりと、心配してくれることがあったりします。職場の人でも、ただのお客さんでもない不思議な間柄は、接客業ならではの醍醐味ですね。

【バイトが焦る状況あるある】

㊶なぜかクレジットカードが通らない

何回通しても読み込まない時は、だんだんと焦って変な汗が出て来ますよね。機器の問題でカードが使えない場合、現金を持ち合わせていなければ支払えない、なんてことも…。定期的に店側が確認しておくことが大切です。

㊷泥酔して、トイレにこもったまま、出てこない

一番困るパターン。声をかけても返事がないと、中で倒れているのではないかと心配になります。店長などの責任者を呼ぶか、救急車の準備をしておくことも大切です。

㊸クーポンを使える条件を確認せずに来店されて、使用できないことを会計時に知って、ちょっとしたトラブルになる

最後に後味悪い状況になってしまう、最悪の展開。こっちには悪くなくてもひたすら謝るしかないのがつらいところです。あらかじめ来店の際に「クーポンなどをご使用ですか?」と聞いておくといいでしょう。

㊹酔いつぶれているお客さんがいる。

団体客の中で、酔いつぶれて寝てしまった人がいる場合。たとえ他の人に「こいついつもこうだから!」などと言われても心配ですよね。おしぼりや水を持っていくなど、バイトとしても気を付けて見ておきましょう。

お酒を提供するお店だからこそ起こるのが、酔ったお客さんとのトラブル。まともに話できない状態の時のクレームや文句は対処が大変ですよね。また、機械が読み込まないなどのトラブルも焦る要因になります。店長や頼りになる先輩の対処法を見習って、徐々にうまく接客できるようになりましょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?居酒屋あるあるを【バイト編】【店長編】【お客さん編】に分けてご紹介しました。

居酒屋で働いたことのある人は「あるある!」と懐かしく、今働いている人は「自分のところだけじゃないんだ!」と新たな気付きになったでしょうか。また、これから居酒屋で働きたい人には少しでも雰囲気が伝われば嬉しいです。

このように、居酒屋バイトはおもしろいお客さん、バイト、店長が集まってわいわい働ける楽しい職場です。色々大変なことも多いですが、それはどの仕事でも同じこと。少しでも人間関係よく働きたいなら、コミュニケーションを頻繁にとる居酒屋で働くのがおすすめですよ。

最後に・・・居酒屋バイトに興味を持ったけど、自分に合っているかわからない方に、おすすめの記事を紹介します。適性をきっちりと判断したうえで、後悔のないバイト選びをしてください!応援しています。

☑居酒屋バイトの向き・不向き診断(前編)

☑居酒屋バイトの向き・不向き診断(後編)

居酒屋バイトのメリット・デメリット

居酒屋バイトに興味がある方は、こちらのコラムもおすすめ!

▼居酒屋バイトの面接対策はこちら

▼居酒屋バイトの面接で落ちる人にならないための対策

▼お酒が飲めなくても居酒屋バイトはできる?気になる方はこちら

\関西の飲食求人情報が満載/▷『食ジョブ』で求人を探す

PAGE TOP